「体験談」タグアーカイブ

シス管探偵、サーバールーム内の謎ラズパイの設置者を突き止める

テキサス州オースティンで企業のサーバー管理の仕事をしているクリスチャン・ハチェックさん(Christian Hascheck)が、彼の管理下で発生した興味深い事件について語っています。

サーバーに挿さった謎のデバイス

始まりは同僚から送られてきたという写真。「サーバに知らないラズパイがつながってる。調べてくれないか?」と。

普段リモートからサーバ管理しているハチェックさんは、同僚に指示してラズパイを切り離させ、SDカードに入っていたイメージを送らせました。

当初は社内の誰かの実験物かな、ぐらいに思っていたそうですが、サーバールームに入れるすべての人に訊いても知らないとの返事。USBソケットに刺さっていたドングルを巨大掲示板の reddit で晒したところ、WiFi/bluetooth モジュールだとわかります。

SDカードの中身を調べる

Raspberry Pi のストレージであるSDカードの中身から、Resin(今はBalenaに名称変更)というイメージを使ってることがわかります。このResinは、IoTデバイスとのデータ送受信を行うための有料サービスです。VPN経由で、暗号化されたデータを転送できるといいます。

configファイルの中から、Resin のユーザー名や半年前の登録日を見つけたハチェックさん。ユーザー名でネット検索すると、「天才児」を持つ両親が開設した2001年のサイトが見つかりました。

SDカード中のnodejsアプリが何を送ってるかは最後まで解析できなかったそうですが、ライセンスファイルにある作者名を調べてみると、彼の会社の共同創業者だと判明します。

また、他に、このデバイスをセットアップした際のWiFi接続に関する記録を持つファイルが見つかります。その際につなげたネットワークのSSIDが記録されていたということで、ハチェックさんはSSIDが収集されて検索できるWiGLEでこのSSIDを調べてみます。すると、出てきた住所が、上に出てきた「天才児」の家の住所と一致したのです。つまり、刺さっていたデバイスをセットアップしたのは、この家という可能性が高いということ。

通報

サーバールームへの侵入者についても、RADIUSのログからサーバールームのWiFiに、無効化されたアカウント名で接続を試行した当時の社員がいたことを突き止めます。この社員は、アカウントが無効になった後も数か月、荷物を運び出すためなどという理由で会社から出入りを許可されていたのだということも判明。

reddit の方では「最終報告」として、この元社員がデバイスの設置を認めたものの、それは「WiFi のトラブル解決とマネージャーの執務室の周りをうろうろするユーザーを追跡するため」だったと言っていると伝えています。しかし、なぜシステム管理者にも秘密でそんなことをしていたかは教えてくれず、実際に収集したデータを見せてくれ、という要求も無視されているということ。

ハチェック氏はここまでの情報を当局に渡し、自分の仕事範囲は終わった、とても面白い体験だった、と記事を結んでいます。

一連の流れを読んでみると、この元社員、ユーザー名とか設定時のSSID名とか、いろいろ証拠を残しすぎなんじゃないかという気もしますが、多数のレイヤーで構成されたこのようなサービスを構築して、痕跡をどこにも残さなずに綺麗に仕上げるのも、難しいのかもしれませんね。ハチェックさんが reddit 掲示板で広く意見を求め、いろいろな人が助けたことも解決につながったのかもしれません。

Raspberry Pi にそれらしいケース(いろいろ売ってますね)をつけてより目立たなくしたり、放置せずに回収したり場所を変えたりすれば、このような手法で企業内のデータが成功裏に外に転送されているところもあるのかもしれません。

key

「機械に解雇された」人の体験談

The Machine Fired Meは、イブラヒム・ディアジョさん(Ibrahim Diallo)がブログに綴った、突然会社から解雇された時の体験談です。

3年契約で半年以上働いていた会社で、突然以下のようなことが起こったということです。

  • ある朝、現職を紹介してくれた転職業者から「大丈夫か?」とメッセージ
  • 社員証がオフィスの入り口でエラーになった(なじみの守衛に通してもらった)
  • 翌日、駐車場のゲートが社員証で開かない(係員のカードで入った。翌日からはUberで通勤に)
  • 上司に壊れた社員証の再発行を依頼。臨時の当日社員証を印刷してもらう
  • JIRA にログインできなくなる。同僚は入れて、自分のユーザー名に(inactive)と表示されてることに気づく。上司は驚き、アカウントの復旧をどこかへ依頼
  • 転職業者から「あなたが解雇されたというメールを受け取った」と連絡
  • 翌朝、臨時社員証が発行できなくなった、と守衛に言われる。上司下まで迎えに来る
  • 部長に「自分は解雇されたのか?」と訊く。部長は笑ってどこかへ電話、今日中にはすべて直ってるので仕事するように、と
  • 自席のWindowsが自動で再起動され、ログインできなくなった。仕事用のCentOSマシンで作業する
  • 部長は「明日も出社するように」と言ってくれたが、翌朝は自分のLinuxマシン以外のあらゆるアカウントにログインできなくなる
  • ランチ時に、顔なじみの守衛2人がやってきて、無理やり社外に追い出される
  • 上司も部長も、ディアジョ氏を建物外へ出せ、という脅しのようなメールを受け取る
  • 続く三週間、自宅から上司や部長よりもっと上の人たちがやりとりするメールの議論をCCで受け取り続けるが、誰もこの問題を解決できない

3週間経った後で、転職業者から「また出社できるようになった」と連絡を受けますが、3週間家にいた分の給料は無し。

会社の説明では、一度解雇プロセスに入ってしまうと、システムが次々と解雇のための手続きを自動的に進め、カードを無効にしたりアカウントを止めたりするようになっているということ。一つの処理が次の処理を呼び出し、途中で止めることはできなくなっていると。

止められたアカウントを復旧する方法もないので、ディアジョ氏は「新しい契約社員」として採用されなおすことに。最初の入社時に書かされたあらゆる書類を、もう一度書く羽目になったそう。

解雇のプロセスが決して止まらない自動作業だったことは置いておくにしても、なぜそれが誰も問題にしていないディアジョ氏に襲い掛かったか、という点については、採用直前にこの会社がより大きな会社に合併された際の、レイオフされた前任のマネージャーの作業放置の結果、ではないかということだそうです。

ディアジョ氏は結局、良く貢献もし周りから感謝もされていた職場で、捕まった泥棒のようにビルから追い出されるという体験をしました。その影響で、なぜそんなことになったかという経緯を周囲に説明したり、一部の人たちからは距離を置かれたりしたりして、最終的にはしばらくしてその会社を退職、今の会社に移ってしまいました。

昨年身の上に降りかかったこの一連の体験をやっと落ち着いて話せる気分になったそうで、今回ブログで公開した、ということです。

What I called job security was only an illusion. 安定した職業、だと思ってたものは幻影に過ぎなかった

と結ぶ彼の話、会社員にとっての一つの悪夢でしょうね。

via BBC and TheNextWeb