「回路」タグアーカイブ

紙と導電性絵の具でライトを作るキット Electric Paint Lamp Kit

Kickstarter で支援が請われている Electric Paint Lamp Kit は、紙の上に電気を通すペイントを塗ることで組み立てられるランプです。

この水性の絵の具を紙の上に描くと、そこに電気が通じるようになります。電池とLEDをつなげたら、電線でつないだのと同様に光ります。

こちらの動画では、もっと複雑な「回路」を、版画を印刷するように作ったりしています。

キットの説明通りに回路を描き、回転するスイッチ部分に micro USB で電源を供給すると、オンオフのできるライトになる、というわけ。紙の部分は色や形を自由にできるので、自分だけのライトが作れます。

3つのランプが作れるキットが、32ポンド(約5000円(45ドル))とのこと。クラウドファンディングですが、プロジェクト元の Bare Conductive は、導電性ペイントを日本の Amazon でも売っているぐらいなので、なんらかの実績はあると見て良さそうです。

キットが紙なのはコスト的に安いからだと思いますが、インクが乗る素材があればいろいろな物を、今回のキットだとランプに、できるわけで、イケアとか100円(0.9ドル)ショップなんかで安価に入手できる素材をベースにした工作、というのも出てくるかもしれません。

via The Verge

Tortilla を電子回路の基盤に

[2018-07-30 更新] リンク先が無くなっていたので、同じようにトルティヤを電子回路基板として使っているページに変更しました。

バカ。。。

ブリトーやケサディラでおなじみのトルティヤにこんな使い道があるとは。ハバネロとドライドトマトによる電池駆動にも成功したそうです。。。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません