「地図」タグアーカイブ

AgentMaps – 地図上で多数の人が動くシミュレーションを作るためのライブラリ

AgentMapsは、JavaScript 上で地図ベースの社会シミュレーターを作るためのライブラリです。

インタラクティブ地図作成のライブラリ Leaflet.js 上に構築されていて、

  • 道沿いに建物を建てる
  • エージェントを地図上に配置
  • エージェントの建物間の移動をスケジュールする
  • エージェントの見た目を変える

などができるということ。町の中を行き来する住人のモデルを作って、住人間でうつる病気とその伝染率を定義すれば、伝染病がどのように広まっていくか、あるいは一定の範囲でとどまるか、といったことをシミュレーションできます。

こちらのデモでは、人々の移動の速度や、病気の伝染しやすさのパラメーターをスライダーで変化させて、全体の様子がどうなるかを観察することができます。

ツールの使い道ですが、たとえば、イベントで多数の人が集まってきた時に出店や通路を人がどう動くか、とか、ゾンビ物のお話を作る時に、感染が広まる様子をシミュレートしてそれを基に書くとリアリティが高まったりするのかなあ、とか、どうでしょうね。

アメリカ50州の形をどれぐらい覚えているかクイズ

TIMEの記事で、尋ねられたアメリカの州の形をブラウザ上で書くクイズ、というのがありました。

「フロリダの形は?」と聞かれ、四角い枠の中にマウスで思い出した形を書きます。”How Did I Do?”(どうだったか?)ボタンを押すと、実際の形と重ねて表示し、A-Fでどれぐらい正確だったかを採点してくれます。

まあ、わからなかったら真四角を描いておけば、それなりに当たったりもするのがアメリカですけど。

予想した各州の形を集めた、マイ・アメリカ合衆国の地図をダウンロードすることもできます。こんな感じになりました。

日本地図ならもうちょっとマシになるかなあ

via Maps Mania

都市の道路が向いてる方角を調べられるインタラクティブ地図

Road Orientations Interactive Mapは、都市の道路の方角を円形のヒストグラムにまとめたインタラクティブ地図です。

360度を64分割し、それぞれの方角を向いた道路の長さをカウントしていくと、表示中の都市がどの方角に向いた道路をどれぐらい持っているか、が右上に表示されます。

東京都心部を表示すると、こんな分布に。どの方角にも同じぐらいの長さの道路が存在する、つまり、特に方角など気にせず、ランダムに近い方角に道路が伸びているというのがわかります。

対して、京都を表示してみるとこんな結果に。ほとんどの道路は東西・南北に向いていて、それ以外の方角に向いた道は非常に少なそう。

こちらは札幌。札幌も碁盤目の街という印象でしたが、こちらは京都と違って東西南北の向きには向いてないのですね。また、場所によって四方の方角が異なっていて、集計結果としては多い方角は8つ出てくるのがわかります。

右下の検索ボックスで、世界中のどの場所でも表示できるのがいいですね。

この地図、OpenStreetMap のデータを使ったMapboxのサービスを使って描画されています。表示されている地図の範囲の道路データから方角と距離を取り出し、集計するのはコンパクトな JavaScript で済んでいます。

# 作者はMapboxの中の人のようです

作者のウラディミール・アガフォンキンさん(Vladimir Agafonkin)は、アメリカの主要都市について同様の円形ヒストグラムをまとめたVizual Statistix の記事を見て、「地図の任意の都市について簡単に同じように調べられたらいいな」と思って今回の開発を思い立ったということ。

州境が違ってたらアメリカ大統領選の結果はこう変わっていた? という地図

Random states of Americaは、州単位で代議員数を奪い合うアメリカ大統領選挙の過去のデータを使った思考実験です。

アメリカの大統領選挙は、2大陣営(まれに第3陣営)が争う部分は簡単でわかりやすいものの、州ごとに争って州の代議員を勝った方が総取りするところはわかりにくく、実際に全得票が少ない方が勝ったりすることもありますね。

このインタラクティブ地図では、群の集まりからランダムに新しい州を作り、合衆国をその架空の州で分割しています。州の形が異なると、その州の中での民主党・共和党の強弱も史実とは別の結果になってしまったりして、得られた代議員の数も変わります。

# 州の名前は中に含まれる群の一つを使っているそうです。なお、首都ワシントン特別区・ハワイ・アラスカに関しては、他と孤立しているとしてそのまま使っています。

実際に結果大差がついたドール氏やケリー氏の負けが覆るようなことはありませんが、ランダムな区割りを何度か繰り返すと、アル・ゴア氏やヒラリー・クリントン氏が勝利していたケースが簡単に出てきます。

[追記] と思っていましたが、下のように最近6回とも民主党が勝っていた区割りも生成されました。区割りが選挙結果に与える影響は、かなり大きいんですね。

ただ、実際の選挙運動では、今ある州の中の情勢を見てどこに予算や応援などのリソースを投入するかを選択し、その結果として接戦州が多数出てきているわけで、もし本当にこのような州の再編があったとしても、そこで行われる大統領選の結果はこの地図で予測したようなものにはならないでしょうね。

この地図、群の集合から新しい州分けを提示する、というアイデアのところが面白いですね。日本でも市町村単位で組み替えて同様の県境を表示してみると、いつもの見慣れた列島がなんだか知らない別世界の国に見えたりするかもしれません。

via Maps Mania

ニュージーランドがない世界地図

blocks で公開されたスニペットMaps with New Zealand(ニュージーランドのある地図)は、ページの右下に常にニュージーランドを表示するというJavaScriptコードです。でもなんのために?

ニュージーランドのない地図(Maps without New Zealand on them) という名前の reddit 掲示板があり、ここではニュージーランドを描き忘れている世界地図の事例を、様々な人が報告しています。

「日本で見た」というのもいろいろと出てきます。

日本だって端っこの島国なので、仲良く両方ないケースも。

毎日のように投稿があるのがすごいですね。毎日世界のどこかで、ニュージーランドを忘れた世界地図が見つかっている。それぐらい忘れられている(笑)。

この reddit グループについてはBBCニュースも過去に取り上げています。このreddit掲示板を元ネタに、イギリスの街頭で人々に「この世界地図に欠けている国があります。さあどこでしょう?」というクイズを出す様子を伝えているのですが、とてもイギリスっぽい企画。

さらには、ニュージーランド政府自身のサイトで、存在しないページを表示しようとすると、エラーページとしてこんなのが表示されます。

「申し訳ありません。何かが足りないようです…」 一緒に表示されるのは、ニュージーランドのない世界地図…

忘れられることが多すぎるから慣れちゃっているのか、忘れられてしまうような遠くて小さな存在であることを逆に特徴として楽しんでいるのか。やたらに怒ったり抗議したりするのとは一味違う対応ですね。

via Maps Mania

イギリスの交通違反の悪質な地域を可視化したインタラクティブ地図

イギリス交通違反多発地域(The UK's Driving Offence Hotspots)は、交通違反のデータを基に、どの地域(警察管轄)で交通違反が多いかを可視化した地図です。

上は、速度超過違反を選んだ場合。運転手1万人あたりの違反件数が多いほど、濃い赤色で表示されるようになっています。

7つのカテゴリー別の地図と、全部を合わせた総合の地図を選ぶことができます。総合で1位となったのは、南西部のエイボン・サマーセット地域。個別にみるとスピード違反で1位の地域のようですが、スピード違反の件数が他の違反よりも桁違いに大きいのが効いているように見えます。

免許不携帯と不注意運転の両方で1位なのはスコットランド。運転中の携帯電話利用はロンドンが1位、あたりは、なんとなくイメージからわかる気もします。信号無視の件数が2位以下を引き離して多いレスターシャーは、なんかあるんですかね。

2016-2017年度のデータを各警察署などから集めたということで、データも公開されています。公開データを使った可視化で、注意喚起としてもいいですね。

via Maps Mania