「女性専用」タグアーカイブ

Shello – 女性専用ソーシャルネットワーク

という新サービスだそうです。jello(ジェロ)のように「シェロ」と呼ぶということ。

登録して他の会員とつながり、グループに参加してチャットをする、という点ではよくあるソーシャルネットワークと同じようです(なにぶん女性専用なので試せませんが)。「女性間のつながりと友情を育み、共通の話題や体験を共有する」のが立ち上げの動機ということ。

ネット利用者の本当の性別なんて確かめようもないし、自己申告で女性専用という事にどれぐらい意味があるんでしょうね。発言小町や化粧品レビューサイトなんかは、実際のユーザーの男女比から女性専用に近いことになってたりするのではと思うのですけど、女性しかいないことでコミュニティに興味を持つ女性も、いるのかもしれません。また、レディースデーや女性専用車両、男性しか会員になれないゴルフ場などに対して差別性があるという意見の人もいますし、もしこのアプリがうまく離陸したらそれはそれで、女性に限定するというコンセプトが論争を起こすかもしれません。

2015年にリリースされたCitySocializerというソーシャルアプリを出した会社によるアプリということなので、既存のアプリ資産を使って別の方向性を試しているのかもしれないですね。

Shello

カテゴリ: Social Networking, Lifestyle
言語: EN
価格: 無料
バージョン: 1.4.0

開発者: CitySocialising Ltd
公開日: 2017年8月11日
評価(全バージョン): 評価なし
評価(現バージョン):
(2人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3screenshot 4

女性だけを対象としたUberのような配車サービス – Chariot for Women

個人ドライバーの配車サービスUberのドライバーをしていたマイケル・ペレツさんが近く始めるという Chariot for Women は、Uber と全く同じように個人ドライバーを組織化してタクシーのように他のユーザーを載せるサービスですが、運転手も利用者もどちらも全員女性だけ、という点だけが違うサービスだそうです。

chariot-for-women-top

“Driven by women. Exclusively for women”(女性の運転。女性だけのために)というこのサービス、ペレツさん(この人自身は男性です)がUberで初めて、「呂律が回らずどこに行くのかもはっきりしない20代ぐらいの怖い客」を乗せた体験から、「女性のドライバーだったらもっと怖かったのでは」と考えたのが発端だそうです。

夜中にタクシーが必要になった女性が女性ドライバーの車に乗りたいとか、夜中に働きたい女性ドライバーが女性の客だけを乗せたいとか、アメリカの治安の悪い地域のことを想像すると、確かにそういう希望を持つ利用者は、運転手の方にも乗客の方にもいるのかもしれません。

あえてユーザー層を限定することで、Uberやその競合Lyftのような巨大なサービスが拾えないニッチを拾うというビジネスはあり得るでしょう。Chariot for Women はアメリカの多くのメディアで取り上げられ、4月19日に開始予定というサービスには、既に1000人以上の女性ドライバーの申し込みが届いているそうです。

chariot-for-women-app

ただし、ボストングローブ紙が指摘するには、特定の性の利用者を拒絶するようなサービスの設計は、差別として違法になる可能性が高いということです。

女性に積極的に広告を出して、女性の利用者ばかりになるように運営することは法に触れないにしても、男性が利用したいとしてきた時にそれを断ると、断られた男性と法的なトラブルになる可能性があるそうです。ましてやドライバー側は雇用の話になるので、男性は雇用しない、となるとこれは明らかに差別となるそうです。

なお、女性刑務所や空港セキュリティの職員など、接触がある場合には女性のみ雇用することは違法にならないそうです。女性専用フィットネスクラブについては裁判があり、その結果ボストンでは適法となったという事例もあるのだとか。

via USA Today