「小説」タグアーカイブ

ロンドン地下鉄文学地図

Literary Tube map of London (文学ロンドン地下鉄地図)は、In the Book が公開した、ロンドン各地の小説に登場した場所を、地下鉄路線図に書き入れた文学地図です。

中央部をちょっと見ただけでも、「シャーロック・ホームズ」「101匹わんちゃん」「ドラキュラ」「ジキル・アンド・ハイド」「二都物語」「大いなる遺産」など、錚々たる有名小説が並んでいますね。さすがはロンドン。

東京でも似たような路線図を作ると面白いかもしれませんね

小説家が小説を書く様子を一緒に体験できる執筆ネットライブ – PCKWCK

pckwckは、小説家 ジョシュア・コーエンさん(Joshua Cohen)がまさに現在進行形で進めている、インターネットで中継しながら小説を一本書き上げるというプロジェクトです。

特設サイト上で著者が文章を追加し、推敲していく様子が見られるようになっています。

執筆スケジュールは10月12日から10月16日までの間、米国東海岸時間で13時~18時となります。日本時間では夜中の12時から朝5時ですかね。

pckwck-top

日本からだと寝てる間に執筆タイムが始まって終わってしまうので、実はまだライブに参加できてないんですが。ライブ中に見に来たファンとのやりとりは右側のチャットウィンドウで読むことができます。

江口寿史氏の古いギャグ漫画で、漫画家がミュージシャンの様にコンサートホールで漫画を描く様子をライブで見せる、というのがありましたが(Live ’83 / 寿五郎ショウ)、ネット時代には創作の過程も見たいというファンの小口の需要が技術によって満たされる、ということなのかもしれません。

でも、ほんとに見てて面白いのかしらこれ。

http://www.amazon.co.jp/dp/457593027X/

via TheNextWeb

全編アニメーションGIFの「小説]

ザックのお化け屋敷(Zac's Haunted House)は、アニメーションGIFだけで構成された自称「小説」です。

animation-gif-novel

ダウンロードまたはオンラインで閲覧が可能ですが、多量のアニメーションgifの読み込みを必要とするため、ダウンロードで見るほうを勧めるということです。

読み方は、右上のメニューから各章を表示させていきます。

animation-gif-novel-2

自分で作ったGIFというよりも(自分で作ったものもあるのかもしれませんが)、ネットで見つけた/探したGIFを組み合わせてストーリーにしているようです。

ストーリーとは言いましたが、本当に並んだアニメーションGIFにストーリーがあるのかどうか、見ていてもちょっとわかりません。これだけ多くのアニメーションGIFを順番に見ていると、頭がクラクラしますね。君の悪い画像が多く、悪酔いできるコンテンツとは言えるでしょう。

文字がまったく無いのに小説(novel)と言えるかはわかりませんが、新しい(novel)といえば新しいかも。

via This novel made of GIFs is kind of terrifying | The Verge

英語を読む速さを測ってくれるページ

アメリカの文房具販売チェーン Staples が公開している、英語を読む速度を計測してくれるサービスです。

reading-speed-test_001

「Start」ボタンを押して、表示された文章を読みます。読み終わったら「Finished!」ボタンを押し、出てきた指示に従うと、文章を読むスピードを測ってくれます。

reading-speed-result

こんな感じ。175単語/分ということで、8歳の子供よりちょっとだけ速い程度、13歳よりはずっと遅く、大人の平均からは30%遅いという判定が出ました。

大人の平均が300単語/分、速読者(speed reader)が1500単語/分、世界速読チャンピオンが4700単語/分だそうです。

さらに次に進むと、「戦争と平和」を読むのに55時間56分、「1984年」なら8時間28分、「嵐が丘」なら10時17分、など、有名な小説を読むのに掛かるだろう時間を見積もってくれます。

via This Reading Test Compares Your Speed With The US National Average