「建築」タグアーカイブ

McMansion Hell – マックマンション(粗製乱造された豪邸)を批評するブログ

mansion(マンション)は英語では「豪邸」「大邸宅」という意味です。(日本でコンクリート製の集合住宅のことをマンションと呼ぶのは英語としては間違い)。

McMansion (英語版Wikipedia) という言葉は、1980年代に生まれた新語で、規模が大きくて立派だけど「大量生産で」「粗製乱造の」「質が低く」「規則性のない複数の建築様式をごちゃまぜにしたような」邸宅、という意味になるそうです。

# “Mc-“は「マクドナルドのような」ということらしく、マクドナルド社にしてみれば災難なネーミングでしょうね。

McMansion Hell は、そんなマックマンションの外観や内装を、ひとりの建築家が実例を挙げて批評するというブログ。23歳の建築家ケイト・ワグナーさんが昨年7月に開設したものです。

(credit: McMansion Hell)

「左右の対象性が無い」「同じ階の窓のデザインが一つ一つ全部違う」「窓の高さが揃ってない」「窓の間隔が一定でない」「左側と右側で建築様式が違う」など、豪邸の正面写真に様々な突っ込みを書き込んで、公開しています。

(credit McMansion Hell)

対象性や不整列については、言われてみればなるほどと思いますが、いろいろな批評の中にはわかりにくいものも。ただ、ブログでは建築用語や各建築様式などについて詳しく解説してる記事もあり、購読していると知識が増えてわかるようになるのかもしれません。

Zirrowとの揉め事

今回このブログが有名になったのは、不動産情報サイトのZillow が、Zillow 上にあった豪邸の写真を使っての批評を「著作権違反だ」とし、写真の削除を求めたことによるものです。

Zillow 側の訴訟も辞さないという警告文

https://twitter.com/mcmansionhell/status/879429709251137537

ワグナー氏はZillowなど他サイトの写真を使った記事に、引用元のクレジットを示し、教育・風刺・パロディのためのフェアユースの範囲内である、との宣言を追加しましたが、一時サイトを停止することに。

しかし、Zillow 上の写真に、Zillow 自身の著作権はないことが明らかとなります。家の売主やエージェントが写真を掲載しているのですからね。そして、電子フロンティア財団(EFF)の支援が入り、ワグナー氏の代理としてのEFFからZillow へ返答が送られます。

この返答の中でワグナー氏が今後はZillow からの写真を使わないことを宣言したこともあってか、「それでもやるって言うならそっちの主張の間違いについてとことん争うぜ」というEFFの最後の一文が効いたのか、Zillow は法的な手段を取らないことを公表しました。

via Electronic Frontier Foundation, The Verge and Wasington Post

朝日も昼日も夕日もあたる家

北欧の人は太陽の光を貴重と感じ、ちょっと肌寒くても陽が出ると日光浴を始める、と読んだことがあります。

ノルウェイのこのお宅は、そんな貴重な日の光を家ごと浴び続けられるよう、常に太陽を方を向いて回転するように作られているそうです。

rounding-house-from-top

大きな母屋に、横にあるのはプール?

rounding-house-underground

家の地下部分は大きな空洞で、真ん中に家を回している軸があります。

田畑にしてるわけでもない緑が家のまわりに広がって、いいおうちですね。

via The Awesomer

ロンドンで建設予定の地上10階にあるプールは、「渡り廊下」じゃなくて「渡りプール」

ロンドンの中心部、テムズ川沿いのナインエルム地区の再開発計画 Embassy Gardens で建設予定の2棟建ての高級アパートが「世界初」の空中連結プールによって繋げられることがわかりました。

Sky-Pool2-(med-res)

長さ27メートル x 幅5.7メートル x 高さ3メートル(プールの深さは1.2メートル)のこのプールは、20cmの透明なガラスで周囲を囲まれるということで、泳ぎながら横方向や下方向がすべて見通せます。

Sky-Pool1-(med-res)

この再開発地の中には次のアメリカ大使館ビルも作られるということで、バッキンガム宮殿やビッグベンからも2,3kmしか離れていません。大観覧車ロンドン・アイなどもプールから見えるかもしれないということ。

london-sky-pool-map

二つのアパートの屋上にはバーやスパ、温室なども設けられ、プールを通って行き来できるということです。アパートの予定価格は602000ポンド(1億1700万円(132億7833万ドル))から、2017年の完成予定ということ。

via Homes and Property

韓国に世界初の「見えないタワー」が建設されることに

世界初の消えるタワーの建設に許可が出たというニュースが来ています。

こちらが建設後のイメージ。

invisible-tower-1

「見えない」とはどういうことか、いわゆる「光学迷彩」のようです。以下の図のモデルで描かれているように、ビルの片方から見える車などの景色をカメラで撮影し、その映像をビルの反対側の壁で映すことで、ビルの奥にある景色がそのまま見えるということですね。

invisible-tower-2

ビルの奥の空や雲を壁面のLEDで映写することで、ビルが透明で見えなくなるということ。渋谷駅前にあるような巨大ビジョンがビル全体に貼り付いているような感じだとすると、なかなか大掛かりな仕掛けですね。

カメラはビルの異なる6面の3箇所の高さにそれぞれ設置され、周辺の風景をリアルタイムで取得します。500列のLEDスクリーンで埋められたビルの3つの区画が、それぞれのデジタルイメージを投影します。

透明に見せるために、画像は拡大縮小・回転・合成され、継ぎ目のないパノラマ画面を生成します。

つまり、何であれビルの後ろ側にあるものが、正面に表示されるということです。

Cameras will be placed at three different heights on six different sides of the building to capture real-time images of the surroundings; three other sections, each filled with 500 rows of LED screens, will project the individual digital images.

Through digital processing, images will be scaled, rotated and merged to create a seamless panoramic image that appears on the LED rows to create the illusion of invisibility.

In essence, whatever is going on behind the building will be projected onto the front of the building.

South Korea Building World's First 'Invisible' Skyscraper | Geekologie

invisible-tower-3

タワーの高さ450メートルは、東京スカイツリーを始めとして他に6つ、もっと高いタワーが世界には存在しています。

invisible-tower-4

こちらはタワーの展望台のイメージ。展望台の高さは世界3位となる予定。

invisible-tower-5

タワーが建設されるのは、韓国のソウル郊外、仁川国際空港の近くだそうで、空港の近くに透明なビルを建てるというのはジョークに違いない、と最初思ったのですが、CNNForbesも報じているので、韓国政府が承認したという話は確度が高そうです。

また、紹介しているGeekologie自身も突っ込んでいますが、透明に見えるのはある一方向からだけなのでは、という話もありますね。レジャー・観光スポットとしてのタワーらしいのですが、タワーに登るのではなく、透明になるポイントからタワーを見るという観光体験になるのでしょうか。

設計したアメリカ企業GDS Architectureでは、来年2014の完成を目指して動いているということです。

via South Korea Building World's First 'Invisible' Skyscraper | Geekologie

3Dプリンターで一戸建てを建てるといくら掛かるか?

今年は3Dプリンターの話題が熱いですね。コンピューター上で作成したモデルと同じ形のものがその場で作れるというのは、アイデア次第で無数の応用がありそうですし、実際毎日のように面白い応用例のニュースが流れてきています。

しかし、普及が進んでくると3Dプリンターで「作れるか作れないか」だけじゃなくて、「作れるとしてもいくら掛かるか」というのも当然問題になってきます。3Dプリンターでの印刷にどれぐらいコストや時間が掛かるのか、身の回りにあるもので換算することで把握しようというのが、MOVOTOブログによる“3D Print Your House”(3Dプリンターで家を作ろう)です。

二つの数字を入れるだけで、一軒の家を「すべて」3Dプリンターで作るのに必要なコストがわかります。


By Movoto

一つ目のボックスは、建てたい家の総面積です。

1平方メートルは1平方フィート(sqft)の大体10倍(正確には10.76倍)なので、100平米なら10倍して1000sqft を入れてみてください。

二つ目のボックスは、何階建てかを入れます。3階建てなら 3 と入れます。

3階建て(だいたい)100平米の家を3Dプリンターで建てようとすると、以下のように、

3d-print-100sqft-house

レンガ15,820個が必要で、それには $198,840(2256万6351円) かかる、ことがわかります。

また、これだけのレンガを3Dプリンターで印刷するには、125年8ヶ月と13日かかるそうです。

まあ、3Dプリンターの数を増やして並列に印刷すれば、生きている間に完成するかもしれませんし、今後3Dプリンター自身の性能やコストも下がっては行くでしょう。

IKEAハック – イケア家具のパーツ+3Dプリンターで工作 でも、主要な大きい部品は従来通りの製法のものを用意し、接続部分などを3Dプリンターで印刷する、というのが現実的な活用法では、という感想を書きました。3Dプリンターがさらに普及しても、どこに使ってどこに「使わないか」を判断することが重要になりそうですね。

via How Much Would it Cost to 3D Print Your House?

アムステルダムの部屋の飛び出たアパート

デザイン的には面白いし、強度も計算されているんだろうけど、僕は飛び出たところに毎日住むのは怖いなあ。

via Amsterdam, MVRDV WoZoCos by michellemarie via Digg

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません