「服」タグアーカイブ

働き者感あふれる新品なのに泥付きのデザインジーンズ、値段はなんと5万円

高級デパートチェーンのノードストロムのオンラインサイトで発売されている、汚れジーンズ。なんと$425(4万8035円)

快適なストレート型の頑丈で激しく汚されたミディアムブルー色のジーンズは、傷や泥のこびりつきが重労働を思わせ、あなたが現場に降りて汚れるのも厭わないアメリカ的な労働服です。

Heavily distressed medium-blue denim jeans in a comfortable straight-leg fit embody rugged, Americana workwear that's seen some hard-working action with a crackled, caked-on muddy coating that shows you're not afraid to get down and dirty.

泥の汚れはデザインなんでしょうから、落ちないんですよね。洗って普通のジーンズになったりはしないと思いますが。

毎日一生懸命汚れ仕事の現場で働いていなくても、働いているかのように見せられる機能を持つジーンズ、いったいどんな人向けに開発されたんでしょうか。

via Mike Rowe

チキンラーメンパーカー

Getonfleek のオリジナルデザインパーカー

上下のコーディネートも可能です。

日本のあの美味すぎるしょっぱい麺への、待ち望まれた称賛を表すためにこのチキンラーメンパーカーを作りました。

The Chicken Ramen hoodie pays much-needed honors to those salty Japanese noodles that are just too good.

だそうです。

チキン以外にもビーフポーク赤身肉風味もありました。

デザイン的にはチキンラーメンというより、maruchanパッケージに似ているように思います。メキシコなど海外で maruchan 大人気の国もあるようなので、もしかしたらこのファッションがクールな場面があるのかもしれません。

via Tumblr

[動画] 手を一切使わずにズボンを履く方法

何の役に立つのかわからないけど、とにかくすごい技術だ!

original YouTube - animation gif from Buzzfeed

via Buzzfeed

[アート] 彼女の服を着た彼氏たち

スペインの写真家ジョン・ウリアルテさんが発表した一連の写真シリーズ”The men under the influence”は、カップルに頼んで彼氏(や夫)に彼女(や妻)の服を、彼らが住んでいる家で着てもらう、というもの。

jon-uriarte-1

「祖父母や親の時代から、異性との恋愛関係というものがかなり変化しており、その変化が特に男性にどのような変化をもたらしているかに注意を向けてもらう」のが制作の動機ということ。

john-uriarte-2

最初は普通にカップルたちをその家で撮影するという連作を企画したけれど、男女が平等な立場でする現代の恋愛生活に対する男性側の戸惑いのようなものを映すにはどうしたら、ということでこのアイデアが浮かんだそうです。

john-uriarte-3

わかりやすいし、面白いだけでなく考えさせられるところもいいなと思いました。ウリアルテさんのサイトにはもっと多くの写真がありますが、現在、サイトはかなり重くなっています。

逆のバージョンも面白い気もしますけどね。

via Portraits of Men Wearing Their Girlfriends' Clothes | Feature Shoot