「楽器」タグアーカイブ

iPhoneの音声認識、トロンボーンの演奏を妻にメッセージしてしまう

ジャズ・トロンボーン奏者のポールさん(@JazzTrombonist)のツイートが話題を読んでいます。

音声入力を使って妻にメッセージを送ったポールさん、「あとで買い出しに行かなきゃね」と書いた後にトロンボーンの練習を続けたそうですが、妻の方には「ウーウーウーウー フーフーフーフー ウーウーウーウー」という謎のメッセージが大量に届いたということ。

いいねが20万件もついたことを受けて、ポールさんはツイッターで紹介したことが起こった様子を動画で再現しています。

こういった日常音も、音声認識技術が学習を続けて進化すれば、メッセージとしては取り込まず無視したり、映画のクローズドキャプションみたいに、「(トロンボーンの演奏)」など情景として説明してくれたりしそうではあります。

それまでは、いろんな楽器を音声認識に食わせてみて、どんな結果になるか試すと面白いかもしれないですね。逆に、人間の言葉でないものを与えて、ちゃんと言葉に認識させる、という遊びもあるかもしれません。

via Geekologie

丸いピアノPianoArc

PianoArcは丸いピアノです。

レディーガガの2012-2013ワールドツアーで、ツアーピアニストのブロケット・パーソンズさん(Brockett Parsons)が使用していた、演者の周りをぐるっと囲む円形のキーボード。

pianoarc

当然、音階がどうなってるのかという疑問がわきます。一周したって上がり続けるわけではないでしょう。88鍵のピアノが3台分繰り返して、残りの28鍵が制御用、全部で292キーとなるそうです。

サイズ的に複数入っての連弾も可能。というか、腕2本だけで約300鍵をフルに活用する演奏をする方がたいへんそうな気がします。

パーソンズさんを中心としたチームがPianoArcを開発したわけですが、注文すれば別のを作ってもらうことも可能だということです。お値段は「ご相談」ということ。

via PianoArc Keyboard Controller :: Gadgetify.com

銃で撃つ楽器 Musical Targets、そしてアメリカ国歌演奏

Musical Targets (ミュージカル・ターゲット = 音楽の的)は、非常にアメリカ的な楽器です。というのも、銃のターゲットが楽器になるというものなのです。

musical-targets

ごらんのとおり、大きな鉄琴みたいなものですが。一つ一つの的に音階が書いてあり、それを撃つとその音が鳴る、というもの。

こちらがアメリカ国歌「星条旗よ永遠なれ」の演奏例です。

途中でマガジン交換してます…

アメリカ国歌ってこれだけしか音程使わないのか、と思いましたが、良く考えると鍵盤の並びが不自然ですね。下のFがFシャープしかない。まあ、このセットはアメリカ国歌専用なんでしょう。

気になるお値段は、2オクターブが演奏できるフルセット Double Major 16 Deluxe Set が$599.99(6万6261円) 、1オクターブ分の Major 8 Chime Set が$249.00(2万7544円) です。発送先は今はアメリカのみですね。日本から買えても困りますけど。

FAQによれば、初心者でも演奏できるよう、ソングブックも付いてくるのだとか。

via Gunman Plays Star Spangled Banner On Musical Targets | Geekologie