「紙幣」タグアーカイブ

イギリス新50ポンドのアラン・チューリング氏肖像紙幣に、2進数の隠しメッセージが

新50ポンド札に計算機科学の偉人アラン・チューリング氏が登場することが15日にニュースになりましたが、とあるツイッターユーザーが、この紙幣デザインに隠れた2進数の秘密を見つけています。

この部分ですね。紙テープをイメージしたようなリボンに、1と0の数字が並んでいます。

@danbarker さんは、この数字列 1010111111110010110011000 を2進数として10進数に変換した 23061912 が、チューリング氏の誕生日(23/06/1912 = 日/月/年 のヨーロッパ式)であることを見つけています。

国が作って広く流通する予定の紙幣のデザインですから、ただのそれっぽいランダムな0と1の羅列ではなく、ちゃんと意味が持たせてあったということですね。紙幣のデザイン案には他にも01の列や数式、グラフなどが散りばめられているので、他の部分にもこういった隠しメッセージが入っているかもしれませんね。

猫に小判で新ビジネス? 「猫とお金」の写真ばかり集めたブログCashCats.biz

ca$hcats.biz は、猫と紙幣が移った写真だけを集めたブログです。

cashcats-biz-top

ブログサービスTumblr上で運営されているこのブログは、55000人超のフォロワーを獲得しています。

cashcats-3

現在では、世界中から読者投稿の「お金とネコ」写真が集まるようになっていて、写真にも様々な国の紙幣が見て取れます。

cashcats-1

読者投稿のルールは、オリジナルで問題のないものしか送らないこと。そして、集めたものを書籍化したりしても文句を言わないこと。

cashcats-2

ニューヨークで、Tumblr社と共催でフォロワーイベントも開いたそうで。

cashcats-crowd

ネコと紙幣の写真、のニーズなんて、それまでまったく無かったでしょう。そんなところにニーズがあると考えた人も他には居なかったのでは。話題になるまでは、自分達で紙幣と一緒に猫の写真を撮っては上げ、撮っては上げしていたのかもしれませんが。

何が当るかはもちろんわからないのですが、世の中想像もつかない変なアイデアが当ったり、事業になったりすることもあるのだなあと。

via Cats on Parade: Did the Ca$hcats.biz Gallery Show Work? | Motherboard

起きないとお札を切り刻むシュレッダー目覚まし

起きないと挿してあるお札を細かく刻んでしまうという恐ろしい目覚まし、Money Shredding Alarm Clock

money-shredding-alarm-clock

同じ発想で考えられたデザインコンセプトで、ロシアのデザイン会社が発表したものが2011年に話題になったことがあるようですが、今回はちゃんと動く実物です。

アラーム時計を自作するための工作キットSparkfun Clockitと、USB接続で動作するシュレッダーUSB Paper Shredder

CLockitは後継品が$24.95(2640円)、USBシュレッダーは$12.97(1320円) で購入できるようです。

デモ動画では1ドル(110円)札を使っていますが、これを高額にするとより効果的かもしれませんね。それでも寝てしまった時のダメージもすごそうですが。

via Money Shredding Alarm Clock [Video] | Geeks are Sexy Technology News via Geekologie