「英単語」タグアーカイブ

アメリカ各州で最もスペルが間違われる英単語 – beautiful や Supercalifragilisticexpialidocious

グーグル検索の検索動向統計を提供する Google Trends が、「これどう綴るんだっけ?」と検索された英単語を、アメリカの各州ごとにまとめています。

グーグルで検索されるから間違う、というのは必ずしも言えないと思いますが、英語ネイティブであっても自信が無い英単語が良く検索されるであろうことも本当でしょう。

beautiful, resume, schedule, sincerely, canceled などが、二つ以上の州でトップに立った、スペルが難しい英単語、ということのようです。

Supercalifragilisticexpialidocious とは?

さて、その中で気になったのが、テキサス州など6つの州でトップの Supercalifragilisticexpialidocious

辞書を引くと「とても素晴らしい」という意味らしいです。とにかく長いということが特徴の単語。映画「メリーポピンズ」(1964)中の楽曲から一般化した単語だそうで。

映画の歌から一般化した単語で、これだけ検索されるということは、使われているんですね。

Google Trendsチームは2017年も同じようにツイッターで発表しています。

2017年には Supercalifragilisticexpialidocious が2つの州でしかトップではないので、この単語の人気が上がったりしてるのでしょうか。

via Spelling Bee 2018: How to spell most misspelled words in America

Homophones, Weakly – 同音異議の英単語をシンプルなイラストで比較紹介するサイト

Homophones, Weakly (同音異義語, 弱く)は、発音が同じ複数の英単語を並べて、その違いがわかるようにピクトグラム風のイラストで見せる、というブログです。

例えば、ate(食べた)とeight(8)。聴くと同じなのにまったく意味が違う単語ですが、2つ(時には3つ)のイラストは、デザイン的に似ていたり、関連がついていたりしてることが多いです。

こちらは、mantel(暖炉の前飾り)とmantle(地球内部の岩石層)。

whine(泣き言をいう)とwine(ワイン)。

2011年から毎週一本が投稿されていたようですが、更新は2016年でほぼ止まっていました。今回流れてきたのは、記事を集めた書籍が出るという案内がされたからのようです。

似たような英単語が二つあり、区別がついてなかったりとかスペルを逆に覚えていたりとかすることも多いと思いますが、こういうイラストと一緒に毎週見ていると、楽しんで知識が増えるかもしれないですね。

via Bored Panda

SILENCE WAS GOLDEN – 世界中で金文字を持つ人の写真を撮らせるアートプロジェクト

SILENCE WAS GOLDENは、金色の大きなアルファベット風船を使って、世界のいろいろなところで単語を作らせた写真/動画を集めてまとめる、という韓国のアートプロジェクトです。

地図を見ると、日本の写真も一つあるようですね。

墨田区のようです。英単語は、映る人たちに周囲の環境や歴史に対する感情から決めてもらっているということなんですが、”cakey” は、「化粧が粉っぽい」といった意味の単語で、どういう感情なんだろうという気も。

ここまで、49か国187の都市での写真や動画が集まっているそうで、たくさん集まると単語を組み合わせて文章を作ったりとかもできるかもしれないですね。

Scrabble のタイルでメッセージを作るジェネレーター

Caption.it は、いろいろなテキストや画像のオンライン・ジェネレーターを揃えたサイトです。「英単語を作るボードゲームScrabble 風のタイルでテキストを描きたい」という事があり、これを作ってくれるサイトを探していて見つけることができました。

Scrabble では、文字ごとに得点が書いてあり、XやZなど単語を作りにくい文字ほど、高い得点がついています。木目調のタイルに書かれた文字の端に小さく数字が書いてあるだけで、「ああこれはスクラブルだ」と英語圏(ローマ字圏?)の人は思うみたいで、それぐらいこのボードゲームは有名だということなんでしょうね。

scrabble-photo-generator-caption-it

スクラブル化したいメッセージを入れて、Create を押すと画像ができます。そのままブログ等へ埋め込むことも可

Picture Captions
[Caption.iT – Face in Hole]

日本語でもできるといいんですが、そもそも日本語の Scrabble って無いですからね。(無いですよね? 誰か作ったけど流行らなかったとかいうことはあるのかしら)

日本語で文字遊びの定番、みたいのがあるなら、それをテーマにした同様のジェネレーターがあると面白いのではと思いますが。万人が知ってるようなものは無い気がしますね。

オックスフォード辞書「今年の単語」は Emoji (絵文字)

オックスフォード辞書が選定する「今年の単語」が Emoji (絵文字)になったことが発表されました。日本語を起源とする新しい英単語ですね。

oxford-dictionary-word-of-the-year-2015-is-emoji

“emoji”という単語の利用は、オックスフォード辞書が集めている用例の中でも急激に増えているということ。

さらに、スマートフォン用の入力支援ツールとして英語圏で有名な SwiftKey とオックスフォード辞書を編纂している Oxford University Press が協力して、今年2015年に最もよく使われた絵文字を調べたところ、次の絵文字 “Face with tears of joy” (泣き笑い)が一番使われたとわかったそうです。(画像はiPhone版の泣き笑い)

Apple emoji Face with tears of joy

イギリスでの絵文字利用の20%(+4%)、アメリカでの17%(+9%)を占めたそうです。

「ハッカー」という単語の初出は1963年

Yale名言辞典の編者フレッド・シャピロさんの調査によると、”hacker”が(切り刻む人という意味ではなく、)すごい技術を持つ者という意味で最初に印刷物に登場したのは、1963年のマサチューセッツ工科大(MIT)の学生新聞The Techの11月1日、第20号だということです。

(image credit: duartes.org)
(image credit: duartes.org)

この記事中では、電話のシステムに細工をして長距離電話のタダ掛けをするような人たちのことを「ハッカー」と呼んでいます。

これが最も古い記録だとすれば、「ハッカーという言葉自体には善も悪もない」とか「ホワイトハッカーもブラックハッカーもいる」という主張は、歴史的観点からは後付けということになってしまいますね。

MITのスラングだった時代から、ハッカーには「悪いことをする」という意味がついてまわっていた。とFredさんは述べています。

とはいえ、最初の使い方に縛られる必要はないと思うので、技術的にすごい人を悪い意味を含ませることなくハッカーと呼べるようであってほしいと、個人的には思いますが。

via First Recorded Usage of "Hacker" – Gustavo Duarte