「調査」タグアーカイブ

落とした財布が戻ってくるか世界40か国で行われた実験結果

世界の40の国、355の都市で17000個の財布を落として実施された大規模な社会実験結果が発表されました。

「落とされた」財布には、以下のようなものが入っています。

  • 現金 米ドルで$13.45(1430円) 相当を現地購買力に合わせて補正した現地の通貨
  • 同じ名刺が3枚 メールアドレス入り (現地によくある男性名で、現地語)
  • 買い物リスト (現地語で)

財布によって条件を変えて、結果にどう影響するかも調べたそうです。たとえば、現金は入れない”No Money”の条件。鍵を入れる入れない、など

これを、銀行、劇場や美術館等、郵便局、ホテル、警察署、裁判所、などの受付に「角にこれが落ちてました。私は急ぐのでこれで」と連絡先を教えずに去り、中の名刺に書かれた連絡先に連絡が来るかどうか、を調べたそうです。

お金を入れたものと入れなかったものの二つを国別にプロットしたのがこちらのグラフ。

40か国中38か国で、お金が入っていた方(赤い点)の方が、持ち主に戻ってきています。お金が入っている方が、「持ち主に届けなきゃ」という気持ちが出るのですね。メキシコとペルーのみ、現金が入っていない方が財布の戻りは良かったそうですが、その差もそれほど大きなものではありません。

また、「お金だけ」「鍵だけ」などの対照実験では、鍵が入っていた場合の戻り率が高かったということ。鍵を亡くしたのは困っているだろう、という他者への想像力でしょうか。

なお、「戻ったかどうか」は、100日以内に名刺のメールアドレスに連絡が有ったかどうか、で判定しているそうですが、その後に実際に財布が戻った際に、現金が抜かれたうえで戻ってきた率は2%以下に過ぎなかったそうです。

北欧諸国では8割の財布が戻ってきたそうで、すごいですね。実験対象に日本が含まれてないのが残念です。日本も自己イメージとしては落とし物が戻りやすい国ではないかと思いますが最近どうなんでしょうね。

via Bored Panda