「辞書」タグアーカイブ

Sideways Dictionary – IT用語を「比喩」で説明するみんなで作る辞書サイト

Sideways Dictionary (斜めに見た感じの辞書)というサイトは、一般の人にはわかりにくいIT用語を、何かに例えることで説明しようという辞書サイト。Googleの兄弟会社Jigsaw のプロジェクトです。

トップからは、70個ほどの用語がアルファベット順に並んでいて、クリックするとその用語の説明文が閲覧できます。


Access Control List(アクセス制御リスト)を選んでみます

それはソフトウェア版の Turnstile (回転式改札口) みたいなもの。あなたに権限があれば、進むことができる (by Nick Asbury)


By User:ArnoldReinholdOwn work, CC BY-SA 3.0, Link

「by 名前」とあるように、ここにある比喩の説明はすべてユーザーの投稿によるものです。”More Analogies”をクリックすると、他にもACLを説明しようとするいろいろな比喩を読むことができます。

5件の中で一番イイネが多かったのがこちら。

それはパーティーのゲスト表みたいなもの。招待状を持ってこさせる代わりに、招待側が入口ドアのところでリストを見ながら、入れてもいい人をチェックする責任を持つ。どんな素晴らしいパーティーだとしても、招待者をおだてて侵入したり、どこかの他人に招待の権利を渡すことはできない。

他の用語も見てみます。

「ビットコイン」は、ティンカーベルのようなもの。たくさんの子供が信じた時だけ彼女は存在できる。ビットコインも、たくさんの信じる人がいて初めて意味を持つ。同じ話はすべての通貨に対して言えるけれどもね。

ゼロデイ」とは、キングが丸裸だと気づいたチェスのようなもの。あなたは対戦者がそれに気づかないよう息を殺し、どうやって防御を固めようか考え始めたところ。最悪のシナリオでは、相手は5手前にはもうそのことに気づいてて、あなたのことをもてあそんでいるのかもしれない。チェックメイト。

それぞれの用語に複数の比喩があり、読み比べることでより対象のIT用語の意味するところがわかってくるかもしれません。また、IT用語の方が把握できているエンジニアなら、逆に比喩に出てきた方の概念やその英語表現を学べるでしょう。

比喩を使うことで本質から外れて行ってしまう、ということもネットの議論などでは良く起こることではありますが、みんなで意見を持ち寄って並べることで、まったくITに疎い人にでもある程度伝わるような比喩を見つけていくことはできるのかもしれませんね。

via The Next Web

lexiconjure – 機械学習で英単語の意味を作り上げるツイッターbot

ロス・グッドウィンさん(Ross Goodwin)の手によるツイッターアカウント@lexiconjure は、それに向けてアルファベットの単語をつぶやくと、その単語の意味を「生成」して返してくれるという新しい自動応答ボットです。

たとえば、Hexidecimated, 「16進数にされた」的な造語を与えられて、こんな定義を生成しています。

Hexidecimated

[形] アメリカ合衆国ヘキシカ島時代に関する/意味する。Hexide は北半球で強調される音節を持ち、イスラム教徒とユダヤ教徒が住んでいた。

[名] Hexidecimateの子孫

19世紀後半: ギリシア語の hexis (健康) + kedimē (種) から

なんかもっともらしいんですが、デタラメです。

この定義、オックスフォード辞書のデータからディープラーニングを使って自動生成しているそうです。

既存の辞書の定義をなぞって、あるはずのない言葉の定義をそれらしい英語と辞書っぽいフォーマットで生成してくれるというわけですね。

PythonのソースコードがGitHubで公開されています。

もう一つ傑作を紹介。このbotが紹介されたHacker Newsのコメント欄より。

ycombinator

[名] 受け入れられる状況に対して騙したり敵意を見せたりするように設計された人物

Y Combinator はHacker Newsの運営元ですね。

辞書風の定義文はTwitterの(今の)文字数では収まらないので、完全版はTumblrの方で記録されています

多数のツイッターユーザーから辞書にない単語も与えられていますし、”love”のような辞書に既にあるはずの単語も与えられ、それについても新しい「意味」が生成されています。

lexiconjure-top

AWSの無料枠を使って運営され、90分に一個の定義を返すようになっているそうで、現在はリクエスト殺到のため返答が遅れている状況です。

辞書にない単語の定義をでっちあげるゲームとしては、昔フジテレビで深夜にやっていた「たほいや」がありました。英語圏では「ボルダーダッシュ」(たわごと)とか「フィクショナリー」(フィクション+ディクショナリー)と言うそうです。

http://www.amazon.co.jp/dp/4594012582/

via Hacker News

SayWhat – 新語・スラングを10秒で解説しあうソーシャル動画サイト

SayWhat は、Vine のようなショートビデオの投稿と、Urban Dictionary のような集合知による新語/スラング共有サイトを組み合わせた、ユーザーがキーワードの解説を投稿して競うwebサービスです。

saywhat-selfie

Selfie(セルフィー, 自分撮り)という言葉について、今のところ3人のユーザーが、10秒間の動画でそれがどんな意味なのか、説明を試みています。

真面目に辞書のような説明を読み上げるユーザーも居ますが、おかしなセルフィーを撮影しながらどんなセルフィーを撮っているか説明するネタ的な動画も。

その解説動画を見ているユーザーは、その説明が「あり」か「なし」かを投票できます。もし多くのユーザーが参加していけば、普通の辞書に載っていないような新しい言葉に関するわかりやすい10秒動画が蓄積されていくことでしょう。

saywhat-whats-the-damage

同じキーワードについての別の動画を次々閲覧することもできますし、(PC版では)画面右側に出てくる他のキーワードで興味を引いたものを見ていくこともできます。

求められているキーワードを見ながら、「説明できる!」と思ったものについてスマートフォンアプリですぐ撮影・投稿する、というのがメインの利用シーンと思われます。

saywhat-danmaku

中国語やスペイン語らしいお題も。僕が見た回答はキーワードは中国語でも回答の説明は英語でされていました。

Vine のような動画投稿サイトが公開するものを限定しないTwitterの動画版だとすれば、お題が出てお題に対して真面目に、あるいはおもしろおかしく回答する SayWhat は、Q&Aサイトの動画版みたいなものかもしれませんね。

スマートフォンでの動画Q&Aサービスといえば、Twitterの創業者の一人ビズ・ストーン氏が始めたけど今のところ失敗したとみなされている Jelly なんかもありましたね。あれは「親しい友達」に「何でも訊ける」あたりが漠然としすぎてたように思います。

今回の「キーワード」のようにある程度ジャンルを制限したことで、訊く方(新しいスラング等を登録する方)も回答する方もやりやすい点はあるかと思いますが、さてどうでしょうか。

[アプリid:673545268] 指定されたアプリケーションが見つかりませんでした。削除されたのかもしれません Embed iPhone/iPad App

via TheNextWeb

テレパスワード – あなたのパスワードの陳腐度を当てるサービス

マイクロソフト研究所の公開したTelepathwords (Telepath + Password)は、あなたが入力した弱いパスワードを警告して当てる実験サービスです。

telepathwords

テキストボックスに、パスワード候補としたい文字列を打ち込んでいくたびに、このサービスが、「次にこの字を使おうとしてるでしょう?」と、3つの候補を表示してきます。

このサービスでは、辞書にある文字列や、よくパスワードに使われる文字列をデータベースとして持っており、それと照合することで、次にユーザーが入れそうな文字を予測するということです。o(オー)を0(ゼロ)に置き換える、ような単純なものも、ちゃんと予測してきます。

予測できてしまうような文字を入れた場合、入力した文字の上に赤いバッテンが表示されます。弱くないパスワードとされるには、×のつかない文字を5つ以上含ませる必要があります。ポケモンのモンスター名のほとんどを知っているなど(英語の名前は違うものも多いでしょうが)、いろんな辞書を持っているようです。

海外のサービスなので、たぶん英語の辞書を中心にチェックしているのだと思います。今は、日本語をローマ字で入れたら、推測されることはかなり減ります。

telepathwords-tokyo

サービスでは、マウスの動きや、文字を打つ間の時間なども測定しており、今後の研究に生かすとしています。

今でも、パスワードを設定するフォームにおいて、あまりにも簡単なパスワード(“1234″とか”password”など)は受け付けなかったり、辞書にある単語だけ入れたら「パスワードが弱い」と警告したり、というフォームは多いですが、そういうところでユーザーが入れようとしたパスワードを先読みして教えるというのは、単純すぎるパスワードを使おうとする利用者への警告の役割を果たすかもしれないですね。

via Telepathwords: How Bad are Your Passwords?

オックスフォード・オンライン辞書に追加されたIT関係の英単語

オックスフォード・オンライン辞書(ODO)に今回新たに追加された英語の新語の中から、コンピューター/ネット関連の単語を抽出してみました。

selfie

「自分自身を撮影した写真、通常はスマートフォンやwebカメラで撮り、ソーシャルメディアwebサイトに公開したものを指す。」

片手を長く伸ばしての撮影もありますし、海外ではバスルームの鏡を使っての自分撮りも多いですね。

phablet

「典型的なスマートフォンとタブレットの中間ぐらいの大きさの画面を持つスマートフォン」

(smart)phoneとtabletの中間でファブレット。日本語ではほとんど聞かない言い方です。

buzzworthy

「報道や口コミで広く興味や注目を集めそうな」

emoji

「小さなデジタル画像やアイコンで、電子的なコミュニケーションにおいてアイデアや感情を表すもの」

日本語が語源の新語です。この定義だとLINEのスタンプとかもemojiになるかも。

unlike

「webページやソーシャルメディア上の投稿などに対するLike(いいね)や承認を撤回する」

前置詞や形容詞としての「似てない」というunlikeは昔からありましたが、動詞として初めて辞書に載りました。

bitcoin

「中央銀行を一切持たずに取引を実行できるデジタル通貨」

もうビットコインが辞書に入るんですね。

BYOD

「組織が被雇用者に自身のコンピューター、スマートフォン、その他のデバイスを仕事のために使わせること」

“Bring your own device”ですね。これは日本語でも最近よく聞きます。

hackerspace

「コンピューターや技術に興味のある人たちが集まり、アイデアや道具、知識を共有してプロジェクトを進める場所」

東京にもいくつかありますし、旅行先のハッカースペースを訪ねるのを趣味としてる人もいますね。

Internet of things

「日常的なものがネットワーク接続され、そこからデータが送受信されるようなインターネットの現状」

説明を読んでもいまひとつピンと来ませんが、例文などを見た感じでは「ネット」と訳しても伝わるのかなと。

MOOC

「ネット上で、非常に多くの人々を対象に無料で提供される学習コース」

“Massive Open Online Course”の頭文字で、元々はオンラインゲームを指すMMOGやMMORPGからの連想で作られた単語だそうです。

geek chic

「コンピューターやテクノロジーのマニア風味の衣服や格好やカルチャーが、スタイリッシュでファッショナブルだと目されること」

「シックな」という形容は日本語でも使われますが、ギーク・シックは日本語に入ってくるでしょうか。

srsly

「”seriously”(本当に)の短縮版」

ネットで使われる表記だと思います。

TL;DR

「オンラインでの長文の書き込みに対してそっけない返答を返す際に使う。または、長文の書き込みの短いまとめを披露する」

“Too long; didn’t read” (長すぎる;読んでない)の頭文字を取ったもので、一年前に気になって、個人ブログの方でWikitionaryの定義を調べて説明を書きました

digital detox

「スマートフォンやコンピューターなどの電子デバイスを使わないことで、ストレスを減らしたり現実世界での社会的な交流に力を入れたりする期間のこと」

デジタル・デトックス。デトックスは日本語でもだいぶ通用する外来語になってきたように思いますが、この用語も入ってくるでしょうか? 僕はネット断ちするほうが明らかにストレスが溜まりそうなのでやりませんけど。

click and collect

「客が商品の購入や注文を商店のウェブサイト上で行い、物は近場の支店で受け取ること」

この仕組みを表す英語があったんですね。オンラインで買ったものをコンビニで受け取るとか、注文したピザを配達センターに取りに行くとかも含まれるのかもしれません。