「遠隔操作」タグアーカイブ

家じゅうを時のオカリナのメロディで操作するホームオートメーション

任天堂のゲーム「ゼルダの伝説 時のオカリナ(1998年発売)」から着想を得た家庭内自動化工作の動画です。

Wifi 接続した Raspberry Piを使って、オカリナで演奏したメロディを認識させ、メロディに応じてそれぞれ異なる機器を動かしています。

動画中で出てくるのは、玄関の開錠、室内灯の点灯、暖房の点灯、加湿器の点灯、鉢植えへの水やり、時刻の音声での確認、携帯電話を鳴らす、車のドアの鍵を開ける、などの行為。これを全部オカリナで操作しています。

四六時中オカリナを持ち歩くのか、と考えるとゲームをテーマにしたネタではありますが。20年前にゲームの中でのファンタジー的な演出として考えられた内容が、一般に入手できる道具と電子工作でできるようになったというのは面白いですね。

Wikipediaに、ゲーム中に使うメロディとその効果が説明されています。

via Reddit /nintendo

意思を持ったかのような「魔法のピアノ」

シカゴのユニオン駅、時計塔のグランドホール広場に設置されたグランドピアノ、ただの自動演奏ピアノかと思いきや、周りの人に反応して弾く内容が自由に変化します。

もし4分弱の時間があったら、後ろの説明読む前に動画を観たほうが楽しいですよ。

リモートで演奏できるように作られたこのピアノを弾いているのは、地元のピアニストAndrew Blendermannさん。

習ったばかりなのかな? 拙く引き出した小さな女の子ですが、びっくりすることが。

magical-piano-and-a-little-girl

思わず踊りだす人も。

magical-piano-and-dancing

ゴキゲンなジャズに立ち止まった男性がたまたま持っていた箱の中身は?

magical-piano-and-a-trumpeter

ハーモニカ吹きのおじいさんともコラボ

magical-piano-and-harmonica

音楽の素晴らしさ、人の素晴らしさが伝わるいい動画でした。

[更新] 小さな女の子以外は仕込みかもしれません。このマジカルピアノを企画したアムトラック社が、企画内容を書いて演奏者を募集したページというのがあったようで(キャッシュ)。もしこの女の子も演技だったら天才子役ですね。

さすがに人の素晴らしさに期待しすぎたかも。

via Watch What Happens When A Remote-Controlled Piano Is Set Up In A Chicago Train Station