「都市」タグアーカイブ

中世ファンタシーの城郭都市を生成するジェネレーター

小さな町から大きな都市まで、中世ファンタシーに出てくるような架空の町の地図を作ってくれるというジェネレーターです。

こちらは小さな町。城、市場、商人街、職人街、場外の農場、などが毎回違う配置で生成され、マウスのホバーで種別を確認できます。

大都市になると、為政者、貴族やスラム街などの場所も生成されます。

Haxe言語で動くOpenFLフレームワークで制作されており、今後も改良を続ける予定ということです。

via reddit/proceduralgeneration

[動画] パリの街が映画のセットだったら?

写真と動画を専門にする二人組 Menilmonde が作成した動画 Apparences (4K) は、もしもパリの街が映画村のような書き割りだったら? という世界を映像加工で再現しています。

apparences-champs-elysees

凱旋門からみたシャンゼリゼ通り。ビルが壁だけになって、壁はつっかい棒で支えられているだけです。

apparences-street

止め絵を一枚加工するだけならまだ簡単なのかもしれませんが、動画でしかも4Kの解像度ですからね。フルタイムではないものの、制作には2か月掛かったそうです。

apparences-porte-saint-denis

Louis-Braille

ペットのウサギが入院して、毎日バスで見舞いに行ってた時に見つけたこの厚みのない家を見て、着想を得たそうです。こういう極細の家の写真は、日本のものも良く話題になりますね。

Photoshop, After Effect, そしてソニーの Vegas Pro を使って編集したということ。

via Ufunk.net

http://www.amazon.co.jp/dp/B00WZ7CJ1E/

ヨーロッパの主要都市から「何時間でどこまで行けるか」を示した Isochrone Maps of Europe

ある地点から同じ所要時間で到達できる地点を線で結んだ地図のことを等時線図(アイソクローン地図)と呼びます。

ウィーン大学博士課程のピーター・カルペジェブ( Peter Kerpedjiev )さん作ったのは、ヨーロッパの主要都市から、鉄道に乗って何時間でどこまで行けるかを示す等時線図。

train-isochrone-map-from-paris-by-emptypipes

2時間ごとに色分けされていて、22時間以内では辿り着けないところが白です。パリから電車に乗ると、22時間でスコットランド(本土)の北端、ポルトガル中央部、ポーランド東端、イタリア(本土)南端からシチリア島、ぐらいまで行けることがわかります。

isochrone_madrid

スペインの首都マドリードからだとこう。イベリア半島を出るだけで6時間掛かるため、一日では東欧やローマにも行けません。

isochrone-berlin

こちらはドイツのベルリンから。

作者ブログでは、主要25都市からの等時線図を見ることができます。なお、鉄道を降りてからは5分間で1キロメートル歩けるとして徒歩移動も含まれています。1キロメートル/5分は時速12キロメートルになるので、元気に歩く、どころの速度ではなくどちらかというとランニングではないかと思います。

鉄道の整備や接続が不便でも高速バスが速いというところもあるでしょうし、LCCで飛行機に乗れば鉄道より早く安く飛ぶことができる都市も多いでしょう。「鉄道だけ」という縛りはあまり実用的ではないかもしれませんが、ヨーロッパの鉄道の整備状況やその速度などを感覚的に掴める点では面白い地図かと思います。

これらの所要時間のデータは、スイスの公共交通機関APIを使って集めたものを基にしているそうです。時刻表データがオープンに公開されていてAPIでアクセスできるのはいいですね。

日本では、今年の4月にヤフージャパンが発表した、東京駅からの到達所要時間ビジュアライゼーションマップがあり、話題になっていました。「ある一箇所から」の等時線図を作るのと「任意の場所から」の等時線図を作るのはまったく手間が違う話ですが、いずれはそういう地図を日常的に使えるようになると嬉しいですね。

via The Guardian

公共交通機関の停車地からアメリカの都市を当てるクイズゲーム Guess the City by Transit Stops

アメリカ合衆国全土の電車やバスの路線データを収集し提供している、CNT運営のAll Transitが、路線データを使って作成したのがこのクイズ Guess the City by Transit Stops (バス停/駅から都市を当てよう)

guess-the-city-by-transit-stops-san-francisco

このように、バスや電車の止まるところだけがプロットされている地図を見て、それがどこの街かを当てるクイズです。頻繁に停車するところは青色が濃くなるので、都市の中心地や主要道もなんとなくは見て取れますが。

上はレベル1の出題で、これぐらい特長があると行った事がある人や地図が好きな人にはわかると思いますが、一番上のレベル4になると、下に出てくる4択の都市からして聞いたことが無かったりしますし、路線も少なくて判別困難です。

guess-the-city-by-transit-stops-level4

guess-city-by-transit-stops-result

同じようなデータがあれば、日本版のクイズを作ってみても面白いかもしれません。

via Maps Mania

世界のメガシティの膨張を見せるサイト The Age of Megacities

The Age of Megacitiesは、世界の巨大都市圏のうち10箇所の今昔を地図上で見せてくれるというサイトです。

10メガシティのトップは人口3780万人の東京。1929年, 1954年, 1972年そして現在の、都市圏のサイズを切り替えて表示することができます。

greater-tokyo-1929

1929年に上のような範囲だった「都市」が、現在はオレンジに

greater-tokyo-now

他に出ているのは、上海、メキシコシティ、サンパウロ、ラゴス、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、ヨハネスブルグ、シカゴ。

過去の人口データは、Atlas of Urban Expansion: Geographic Information System (GIS) Data for Cities のものを使っているそうです。日本からは東京、福岡、明石の三つの都市のデータがここには揃っているようです。

via Megacities – Evolution of 10 of the largest cities in the world between 1900 and 2014 | Ufunk.net

もし携帯電話の電波が目に見えたら?

ケータイで電話を掛けたりネットにつないだりできるのは、今の小さな携帯電話が街のそこここに配置された基地局との間で通信をするからですね。ということは、使っている携帯電話と基地局の間では始終電波が飛んでいるということになります。

そんな携帯電話の電波を、私たちが普段、青や赤の光を見ているのと同じように目で見ることができたとしたら、というのが、Nickolay Lamm さんの制作したこれらのイメージ写真です。

cellphone-wave-visualized

仮想的に六角形に区切られた街に、基地局が多数配置されています。上はシカゴ、下はニューヨークだそうです。

cellphone-wave-visualized-2

一つの基地局は複数台の携帯電話との通信を行なえますが、相手ごとに違うチャンネルを使って通信しているのを、赤や黄色の違う色で表現しています。

cellphone-network-hex

ハリウッドの丘

cellphone-wave-hollywood

同じLammさんの過去の作品には、無線LANの電波に色をつけたものもあります。

via visualizations of american cities with invisible cellphone signals