「防犯」タグアーカイブ

Away Mode – スマートスピーカーで泥棒除け

オンライン保険会社の Hippo が、アマゾン社のスマートスピーカー Amazon Echo 向けのスキルとして公開した Away Mode は、留守の間でも人がいるかのように偽装するスキルです。

Amazon Echo を持っていれば、Amazon のアカウントから無料で入手して試すこともできますが、ウェブサイトのトップでも7種類ほどのサンプルの冒頭20秒を聴くことができます。

サンプルは、「電話でイケアの家具の組み立て方を娘に指示する母親(68分間)」とか「いろんなことを話すが本についてだけは話さない読書クラブの会合(67分間)」「テレビを観ながら別れ話をするカップル(72分間)」といったもの。このスキルを入れて Alexa に命令すると、これらの会話を再生してくれるので、留守にしても留守っぽく聴こえないかも、ということ。

USA Today紙の取材に対し、少なくとも一人、経歴30年の引退した警察官は、「泥棒だって自分が盗むところを家の人に見られたくはないでしょう。家に誰かいるかもしれない、と思わせることには、なんらかの効果はあります」とコメントしたそうです。

Hippo 社も、これを真剣なホームセキュリティツールとしては考えておらず、泥棒対策について皆に考えてもらうきっかけとしてほしいということですが、外出先からのコントロールやより真剣でありそうな会話、電灯やテレビなども含めた制御を強化していけば、家に人がいるのかいないのか外からなかなか判別しにくいスマートホームを作り上げることも無理ではなさそうですね。

泥棒に胡椒スプレーで反撃する自転車ロック Skunklock(スカンクロック)

skunklock-logo

skunklock

SkunkLockは、「有害薬品で泥棒に反撃する唯一のロック(The only lock that fights back against thieves with noxious chemicals)」だそうです。

発明者のダニエル・イズコースキーさんは、「どんな自転車用U字ロックも、1分かそれ以下で壊せてしまう」と語ります。ガードレールやベンチに繋げておいたとしても、泥棒は持参のディスクグラインダーで切断してしまうので効果がないんですね。

アメリカでは毎年150万台の自転車が盗まれていて、サンフランシスコでこれまで何台も自転車を盗まれたイズコースキーさんやその友人は、これをなんとかするロックが必要だ、としてスカンクロックを考えたということ。

この Skunklock は、ロックを切断しようとする自転車泥棒に対して、

skunklock-1

切断で有害な化学物質 = 胡椒入りのスプレーを撒き散らします。

skunklock-2

Indigogoでクラウドファンディングが募られていて、早期割引だと一個99ドル(1万1093円)から。

デカデカと”Skunklock”と描いてあるのは、泥棒が知ってたらマスクでもするんじゃないか、という気もしますが、自転車泥棒の心理として、たくさんある中から楽に盗めそうなものを選ぶということを考えると、知っていても抑止力になって避けてくれるかもしれません。

グラインダーでロックを切って盗む、という盗難手法が日本でまだそこまでメジャーな気がしないので、日本向けではないかなとも思いますが、どうなんでしょうね。

via Venture Beat