「Amazon」タグアーカイブ

写真共有サービスPhotobucket、ホットリンクでの画像掲載に突然年$399 課金を開始

Flickr500 Pixel などと並び、英語圏での写真共有サービスの大手の一つであるフォトバケット(Photobucket)が、そのサービスを非常にわかりにくい形で突然改変、ユーザー達によれば改悪、し、騒ぎになっているようです。

変更内容はというと、Photobucket のサイト以外からアップロード済の画像ファイルを参照して表示させる、いわゆる「ホットリンク画像」での表示が、別料金を払わないと行えなくなる、というもの。

AmazonやeBay、Etsy などの販売ページの商品画像に Photobucket を使っていた出品者がかなりいるため、それらサイトでの商品画像ページがこんなことになっています。

商品画像のところに出ているのはこれ。

「アカウントを第三者ホスティング対応に更新してください。」 リンク先では、Plus 500プラン、なるプランへ変更すると、画像が他サイトでも表示され、広告も隠される、と案内されています。

このPlus 500プランの料金が年$399(4万4232円) ということ。容量2Gの無料プランの解除が年$99(1万974円) なので、Plus 500 というのはトータルで約$500(5万5429円) というところから来ているのでしょうか。

6月26日に公式ブログで、6月20日から利用規約を更新したという数行のメッセージが出ていたようですが、これが今回のサービス仕様変更に関するものだったのだとか。わかりませんよねこれ。

切手収集愛好家のフォーラムで先月末にこの問題について声が上がったのが最初の一つのようです。そこから各ニュースサイトに取り上げられ、自分の商品ページがひどいことになってると気づいた Photobucket ユーザーがさらに不満の声をあげる、という状況。

登録ユーザー数1億人、掲載画像数150億枚、というサービス規模は、Flickr ほどではないにしても、日本から利用しているユーザーもいるでしょう。ホットリンクで画像を外部サイトに掲載しているところは、まだこのトラブルに気づいていない場合もあるかなと思います。

ネット上での写真の共有は、Facebook や Instagram など後発のソーシャルサービスに大きく喰われていると思われます。その中で既存の容量アップ年$99(1万974円)、ではやっていけなくなったのかもしれません。しかし、隠すようにサービス内容を変更し、代わりに表示された画像で支払いを迫る、というこの動きを「身代金目的の脅迫だ」と感じたユーザーも多く、目先は大量の商品画像を差し替えることもできず$399(4万4232円) 支払う業者がたくさんいたとしても、長期的には他サイトへの流出は避けられないように思います。

via PitaPixel

1994年アマゾン創業期の人材募集メール

1994年、アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が、Usenetのミシガン州の採用に関するニュースグループに投稿した人材募集のメールが残っています。

資金豊富なスタートアップが、インターネット販売の先駆者を助けてくれる非常に才能のある C/C++/Unix 開発者を探しています。巨大で複雑(だが持続可能)なシステムの設計と構築についての経験が必要で、世間で競争力のある人たちが見積もるのの3分の1程度の時間でそれをこなせなければいけません。計算機科学かそれと同等の専攻での学士・修士または博士を持つこと。一流のコミュニケーション能力は必須。webサーバーとHTMLに詳しければなお良いが必須ではありません。

才能があり、自発的で、集中力があり、興味深い同僚たちを期待できます。シアトル地域への引っ越しは覚悟してください(引っ越し代は支払います)。

報酬には会社の相当の持ち分が含まれます。

履歴書とカバーレターをジェフ・ベゾスまで送ってください。

メール: be…@netcom.com
fax: 206/828-0951
US mail: カダブラ社.
10704 N.E. 28th St.
ベルビュー, ワシントン州 98004

私たちは採用において差別を行いません。

——————————————————————-
「予測するより作ってしまう方が簡単だ」 – アラン・ケイ
——————————————————————-

Well-capitalized start-up seeks extremely talented C/C++/Unix
developers to help pioneer commerce on the Internet. You must have
experience designing and building large and complex (yet maintainable)
systems, and you should be able to do so in about one-third the time
that most competent people think possible. You should have a BS, MS,
or PhD in Computer Science or the equivalent. Top-notch communication
skills are essential. Familiarity with web servers and HTML would be
helpful but is not necessary.
Expect talented, motivated, intense, and interesting co-workers. Must
be willing to relocate to the Seattle area (we will help cover moving
costs).

Your compensation will include meaningful equity ownership.

Send resume and cover letter to Jeff Bezos:

mail: be…@netcom.com
fax: 206/828-0951
US mail: Cadabra, Inc.
10704 N.E. 28th St.
Bellevue, WA 98004

We are an equal opportunity employer.

——————————————————————-
“It’s easier to invent the future than to predict it.” — Alan Kay
——————————————————————-

“most competent people think possible”の3分の1でやれ、というのは強烈ですね。

Wikipediaによるとアマゾンの前身カダブラ社の創業は1994年7月5日。このメールは1994年の8月22日ですから、会社の形ができて翌月のことです。

ジェフ・ベゾス氏が連絡先として書いている netcom.com ドメインはウェブサイトは無く、Earthlinkという別のプロバイダに転送されます。

まだ今のAmazonの影も形もない時期に、これだけ高い要求を満たせる人でアマゾン社に身を投じた人はどんな人だったのか、今同社の中枢にいる人もいるのかもしれまえんが興味はありますね。

via Geek.com

Amazonドラマ「高い城の男」の枢軸旗地下鉄ジャック広告が物議を醸す

架空歴史SFの傑作「高い城の男(The Man in the High Castle)」が、アマゾン社によりドラマ化され配信開始されています。アマゾンがニューヨークの地下鉄で実施しているそのドラマの公共交通広告が、リアルすぎて炎上しているそうです。

1962年に出版されたフィリップ・K・ディックの原作小説は、第二次世界大戦に枢軸陣営が勝利した(!)世界を描いています。そこでのアメリカは、大西洋側をナチスドイツに、太平洋側を大日本帝国に占領され、その秩序の下で我々の知る史実を裏返したような暮らしをしています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4150105685

日本や日本人に対する描写も興味深いSFで、小説もおすすめです。

the-man-in-the-high-castle-usa-map(from YouTube)

ドラマのほうも原作に沿って制作されているようで、シーズン1の3話から10話までが、先日11月20日にAmazonビデオ上で公開されています。残念ながら日
本からの視聴はブロックされていますが。

本編はブロックされていますが、YouTubeでの予告編等は日本からでも見ることができます。「ドイツと日本が勝っていたらこうなっていたかも」というお話が映像化されて見られるインパクトはすごいです。

アマゾン社は、その異様な世界観をニューヨークの地下鉄に持ち込んで、車両ジャックのプロモーションを開始していました。地下鉄の車内を、ドイツ支配下のアメリカの旗や、日本支配下のアメリカの旗で占拠しています。

場所は、グランド・セントラル駅とタイムズスクエア駅を結ぶ、42番ストリート・シャトル。ニューヨーク地下鉄で最も短い900メートルの路線です。

ドラマの中では頻繁に出てきてギョッとする鉤十字マークはさすがに使われていませんが、ドイツの鉄十字の鷲や日本の旭日旗にアメリカ合衆国の旗をミックスしたような意匠が、座席を覆っています。

この広告キャンペーンを請け負ったニューヨーク市都市交通局(MTA)は、政府系機関なので「人々がどう感じるか、だけで広告を許可したり拒否したりはできない。受付のルールには違反していない」と回答しつつも、反応を受けてアマゾンが広告を取り下げるようだ、と語ったそうですが、続報では、アマゾン側から広告を止めるという動きは出ていない、とも伝えられています

ニューヨーク市長も「無責任で不快だ」とコメントし、広告の取り下げを求めたそうです。

広告自体はテレビニュースなど多数のメディアに取り上げられて拡散したそうで、既にアマゾンとしては大きなプロモーションになっているようですが。

原作小説も、見てませんが今回のドラマも、別にナチスドイツや大日本帝国を礼賛してるようなものではないはずで、むしろifの世界の圧政や息苦しさを広告で表現しようとしたものだとは思いますが、いろいろな人が見ることを思うと、公共交通機関でこういう世界観を再現することにはリスクがありますね。

via Variety

[追記 2016-12-13] 日本のAmazonでも吹き替え版が公開されました。

OrigamiHub – 電子書籍移行で空になった本棚を埋めるための、本のペーパークラフト作成サービス

origamihub-top

Kindle にたくさん電子書籍を詰め込んであっても、家に遊びに来たお客にはあなたがどんな本を読んでいるのかがわかりません。

そんな問題を解決するのが、Amazon のデータから書籍のペーパークラフトを作るジェネレーター OrigamiHub (折り紙ハブ)です。

Amazon(おそらく米国ストア)の書籍を検索すると、書籍の表紙イメージを使って、ペーパークラフト用の糊しろのついた画像を作ってくれます。

origamihub-generated

これを組み立てて本棚に飾れば、あなたがどんな本を読んで(より正確には「買って」?)いるかが一瞥できる、ということですね。

Amazon のデータには本の背表紙部分の画像がないため、並べるといっても表紙を手前に向けて並べないと、本物っぽくは見えないでしょう。

表紙画像を印刷して使うことはAmazon APIの利用規約には反しているのではと思います。出版社や著者が別途許可している可能性も、全く無いとはいえませんけど、すでにその本を電子書籍で所有しているならともかく、買っても読んでもいない適当な書籍をこれで作って飾るのはちょっとよろしくないかもしれません。

電子書籍の提供側が、裏表紙や背表紙のイメージまで公開配布するようになれば、こういうサービスももっと使い物になるのでしょうけれど、電子書籍が普及しきった近未来においては、背表紙という概念自体が消えてなくなる(音楽における「A面B面」のように)と思うので、過渡期のアイデアではありますね。

関連

オープン本棚プロジェクト – 大日本印刷とインプレスによる、所有する電子書籍の一覧を管理するシステム。本棚に書籍の背中を並べた画像を作れるという点で類似点があります。

via Show HN: Create a papercraft book from any ISBN – experiment with React and Node | Hacker News

神々になりすましたAmazonサポートとの遊び

Amazonのチャットサポートのスクリーンショットが評判を呼んでいました。

配達完了とサイトで出ているのに本が届いてない、という苦情をAmazonに伝えようとしたお客さんですが、チャット画面で出てきたアマゾンの担当者の名前がたまたまThor(トール、ソー、北欧神話の雷神)だったので…

View post on imgur.com

トール(Amazonサポート): こんにちは。私はトール(Thor)です。

私(客): こんにちはトール。(君がトールなら)私はオーディン(北欧神話の主神)?

Tor-Mårten_Eskil_Winge_-_Tor's_Fight_with_the_Giants_-_Google_Art_Project
トール: オーディン、父よ、如何にしてこの良き日にこのようなところへ?

Odin-Georg_von_Rosen_-_Oden_som_vandringsman,_1886_(Odin,_the_Wanderer)私: トール。わが息子よ。苦悶が私を襲ったのだ。

Tor-Mårten_Eskil_Winge_-_Tor's_Fight_with_the_Giants_-_Google_Art_Projectトール: なんということでしょう! 万物の父オーディンに反抗するものなどいるのですか。その苦悶を引き起こしたのはいったい何です?

Odin-Georg_von_Rosen_-_Oden_som_vandringsman,_1886_(Odin,_the_Wanderer)私: 我らの敵を倒すために注文した本が間違って配達されたようなのだ。聖なる本無しに、どうしてヴァルハラを守れよう。

Tor-Mårten_Eskil_Winge_-_Tor's_Fight_with_the_Giants_-_Google_Art_Projectトール: まさに神への冒涜です! その本がどこへ送られたのであろうと、あなたのもとへお返しすることを私の義務といたします! ロキ(悪戯好きの神)のしわざかもしれませんがあえて彼を責めることはいたしますまい。あなたの富は元へ戻り、その後、本を取り戻すための新しい探検を始めることができるでしょう。

Odin-Georg_von_Rosen_-_Oden_som_vandringsman,_1886_(Odin,_the_Wanderer)私: たいへんよろしい。わが息子よ。

Tor-Mårten_Eskil_Winge_-_Tor's_Fight_with_the_Giants_-_Google_Art_Projectトール: わが軍勢を糾合しこの試練を完了するためにいま少しの時間をいただけますでしょうか。父よ。

Odin-Georg_von_Rosen_-_Oden_som_vandringsman,_1886_(Odin,_the_Wanderer) 進めたまえ息子よ。この本に運命を託した死すべき者たちのためにこそ。

Tor-Mårten_Eskil_Winge_-_Tor's_Fight_with_the_Giants_-_Google_Art_Projectトール: ああ! 宝物はあなたの元へと償還されました。その書籍をもう一度召還くだされば、すぐにもその御手に。ワルキューレにその翼のかなう限りの速さで届けさせましょう。

私(客): オーケー。ロールプレイはひとまず置いて、返金は完了したし本は再注文すればいいということだよね?

トール(Amazonサポート): はは、そうです。再注文のための返金は終わってるので再注文してください。

私: すばらしい!

トール: 再注文はもうされました?

私: 今するよ… した。

トール: ちょっと条件変更しますね。(黒塗り) これでどうです?

私: おお、一日で届けてくれるの? すごい!

トール: はは、ええ、本は可能な限り早くお届けしますよ。

私: アマゾンのサポートはすばらしいと聞いてたけど、まさに体感したよ! ありがとう。

トール: (名前の黒塗り)さん、どういたしまして。他に何かお手伝いできることはありますか?

私: いや、これで全部だ。本当にありがとう。

トール: いつでも言ってください。今日も良い日でありますよう。さよならオーディン

私: バイバイ息子よ

それにしてもノリノリだな君たち。

redditのコメントによれば、南アフリカのケープタウンのアマゾンオフィスに、このトールさんは実在するようです。

日本のカスタマーサポートでこういうのはちょっと起こらないかなあ。

(images: public domain from Wikipedia)

via Amazon doing what it must for the good of Valhalla : reddit

Amazonの新製品ティーザー動画があらぬ方向で話題に

Amazonが18日に何か新製品(3Dスマートフォンではないかという予想)を発表するらしく、製品をまったく見せずに、試用した人にそのすごさを語らせるというティーザー動画だけが公開されています。

じらして期待させるのは新製品発表の常道だと思うのでそれはいいのですが、この動画で新製品を使っている人たちがみんな、ずっと下方向を見つめながら感動したり褒め言葉を発したりしているため、「自分の下半身に初めて気付いた人たちだと思って見てごらん」という紹介と共に広まり、笑いを誘っています。

一旦それを意識してしまうと、「ワーオ」「なんてクールなんだ」「こんなの見たことないよ」「うん、これは新しいね」「これはずっと使うことになりそうだ」みたいな賞賛の言葉にも、笑いが止まらなくなってしまうのですが…

この流行のおかげか、動画の再生回数はすでに100万回に近づいています。ま、話題にならないよりもなったほうが成功なのでしょうけど。

ちなみに、製品の方は、動画の中の人のメガネに反射した画像から、タッチスクリーンを持つスマートフォンだろう、というのを突き止めた人がいるようです。

[追記 2014-06-19] 発表されましたね。アマゾンFire Phoneの立体効果「ダイナミック・パースペクティブ」解説。4カメラで顔追跡 – Engadget Japanese