「API」タグアーカイブ

米Yahoo!の株価/為替APIが停止

アメリカの株価や各通貨の交換レートが取得できる、米Yahoo! の finance API が、エラーを返すようになっていました。どうやら 2017-10-31 からこの状態になっているようです。

止まったのは REST API と、CSV によるダウンロードの両方。こういうエラーメッセージが帰ってきます。

このサービスは利用規約に違反して使われていたことにわたしたちは気づきました。そのため、サービスは終了しました。今後の市況や株価データのリサーチには finance.yahoo.com をお使いください

It has come to our attention that this service is being used in violation of the Yahoo Terms of Service. As such, the service is being discontinued. For all future markets and equities data research, please refer to finance.yahoo.com.

株価や為替のデータが無料で参照できる API として、オープンソースのツールなどもこの API を多く使っていたため、遮断から後で動かなくなったサイトや、困っているエンドユーザーが多いようです。Github で CSV ダウンロードのURLを検索すると、2万件以上ヒットしました。

ニュースサイトでも、「Yahoo のAPIが返事しないので…」というエラーを出してるところがありました。こんな感じで、API を使って表示しているサイトでエラーやデータ無しの状況が広がっていそうです。

米Yahoo のユーザーサポートページでは、APIの復活を望むコメントが寄せられ、それへの投票が呼びかけられています。

リアルタイム性の高い株価データは、高価な元データをYahoo! が購入し、それを無料で10年以上も配っていたわけで、メディアとしてAOLと統合された Yahoo! には維持が難しかったのかもしれません。

予告なしに突然止まったことに憤る人も多いですが、ビジネスとして仕方が無かったのかもしれません。

代替

reddit や Hacker News でいくつか替わりに使えそうな、無料あるいは無料枠のあるサービスやAPIが紹介されています。

株価に関しては、

為替に関しては、

などの名前が上がっています。呼び出し回数の上限があったり、数分前のデータだったりと、無料なだけにいろいろ制約があるかもしれません。まあ、それほど重要な使い方をしているなら、有料のAPIを購読しなさいということですね。

# 本当に取れるかは確認してません

イギリス中の自転車事故などを地図上で一望できるwebサービス

Bikedata は、イギリスにおける自転車に関するデータを地図上にプロットした、インタラクティブな情報地図です。

この画面では、道路のどの場所で自転車事故が発生したことがあるか、が、ピンクのマーカーで示されています。

通勤やツーリングの計画を立てる時に、事故が頻発するところを知って避ける、といった使い方もできるでしょうね。スマートフォンアプリなどで、事故の多い場所に近づいたら注意をうながす、みたいなものを作ったりもできるかもしれません。

サイトでは、事故の他にも、交通量、自転車の盗難、駐輪場、サイクルレーンの写真、など、様々な自転車に関するデータを表示することができます。

さらに、このサイトのソースはGPLv3 で公開されています。

元データは国によるもの

イギリス政府のデータ公開サイトに、道路の安全データ(Rode Safety Data)というのがあり、ここではSTATS19 という書類で報告された2005年から2014年までの事故のデータが公開されているようです。

100Mぐらいあるデータを見てみたら、こんな感じで緯度経度や日時、事故の状況を表すフラグを持つレコードが大量にあるCSVファイルでした。

こういったデータが公にされているのはいいですね。このデータを API 化して自転車事故について Cyclestreets.net が提供し、それを Google Maps APIなどを使って可視化したのが今回のサービス、ということになります。

via Maps Mania

住所から、その近くのYouTube動画を検索する

YouTube の API では、動画に関連した座標情報が取得できるようですね。YouTube 本体の検索ではどうやるか見つけられなかったので、API でだけアクセスできる情報なんでしょうか。

Google 自身による API 利用サンプルのデモとして、geoサーチサービスが公開されているのを知りました。座標や住所を入れると、その近くの動画を列挙してくれます。

こちらが、「東京都中央区日本橋」で検索した結果

youtube-geo-search-screenshot

これ、最初見たときはアップロードした動画の中にある情報を使ってるのかと思って驚きましたが、さすがに本人が知らないのに住所と関連づけられたりはしていないでしょう。東京の真ん中で検索してもあまり密度濃く出てこないですし。

YouTube の動画管理ページの方に、位置情報を入れるフィールドがあり、そこで明示的に座標を入れている動画が出てくるようです。

自分で「場所を出しても良い」と判断している投稿者の動画だけがあるなら、まあそんなに危険はないんでしょう。旅行先での動画とか、お店の宣伝動画とかは、むしろ積極的に位置情報を入れていくのが良さそうですね。たまに個人 YouTuber が家で撮ってるような動画も出てくるのはわかりませんが。

YouTube上で東京都中央区日本橋という言葉で検索した場合とは、明らかに異なる結果です。こちらは、住所「名」で検索したら、当然ながらタイトルに「日本橋」とか入っている動画がたくさんでてきます。

Google 自身によるサンプルのデモサイトなので、ソースコードも入手できます。ソース中でなぜか車のメーカーの名前をフィルタしたりしてるんですが、取り除かないと車名が入った動画がたくさん出てくるんでしょうか。

via Hacker News

お題どおりの表情を作ると止まるアラームアプリ Mimicker Alarm

双子かどうかを判定するサービスTwins or Notなど、顔写真の認証技術を使った実験サービスをいろいろ出しているマイクロソフトが、止め方に特徴のある新たなアラームアプリ Mimicker Alarm をリリースしました。

Mimic(モノマネする)の名前が示すとおり、このAndroid用アラームアプリでは、アラーム音を止めるために、カメラに向けてアプリに指示された表情を作る必要があります。

「驚いた顔をして」「ハッピーな顔をして」などという指示を見て、30秒以内にアプリが判定する驚いた顔を撮らないと、アラームが後でまた鳴るようになっています。

mimicker-alarm-surprized-face

マイクロソフトの Oxfordプロジェクトの一つ、表情を判定する Emotion API のデモとしての役割を持つこのアプリ、太っ腹なことにソースコードがGitHubで公開されています。

表情の変化を使って何かをするアイデアがあれば、このコードをベースに自分のアプリを作ることもできるというわけですね。

via The Verge

Depressed? 自分が憂鬱かどうかをAPI提供できるオープンソースアプリ

AreYouDepressed は、自分の状態が鬱かどうかを知らせるためだけのサイトと、そのAPIを提供するためのソフトウェアです。

デモサイトにアクセスすると、鬱なら”Yes”、そうでないなら”No”が、色やバックグラウンドのアニメーションをそれぞれ変えて、表示されます。

is-evan-depressed-no

設置者には、4時間置きに指定したアドレスにメールが届き、”Yes”か”No”をクリックすることで状態が更新されます。

JSON APIで現在の状態や、

is-evan-depressed-api

最近の履歴を取得することもできます。

is-evan-depressed-api-all

メールだけでなく、管理画面から更新したり、状態を問い合わせるメールを送らない時間帯を指定したりする機能もあります。

is-evan-depressed-admin

PHPのLaravelフレームワーク上に構築されたアプリのソースはGitHubで公開されていて、自分用の同種のサイトを公開することができます。

鬱状態を広く世界に通知する以外にも、状態を伝えるという単機能のサービスとして何か使いみちがありそうな気もします。

https://depressed.evan.netsoc.co

あなたに代わって意思決定してくれるwebサービス Yes Or No?

Yes Or No?は、重要な決断をあなたに代わって行い、アニメーションGIFで伝えてくれるという単機能に特化したウェブサービスです。作者は@neuling2kさんと@crtvhdさんの二人。

yesno.wtf-2

リロードするたびに、”Yes” または “No” の結果を得ることができます。

yesno.wtf-3

yesno.wtf-1

APIも提供されていて、Yes/No の結果と、それに合わせたGIF画像のパスを得ることができます。

すでに、APIを使ったツイッターアカウント@ynwtfが登場しています。@ynwtf に対して質問すると、Yes/No の決断を返してくれます。以下のように。

どうにも自分で決められない決断がある時に使ってみてはどうでしょうか。と無責任に言ってみる。

via Product Hunt