「freemium」タグアーカイブ

Datawrapper で、複数地点を俯瞰で紹介できる地図 Locator Map を作る

ジャーナリストやビジネスパーソン向けのグラフ/地図作成サービス Datawrapper で、地図上の複数地点を示す Locator Map というタイプの地図を作る機能が追加されています

東京日本橋500円(4ドル)ランチガイドのお店で作ってみました。

広い範囲のどこに当たるかを差し挟んだりもできるので、意味なく地球上での位置など入れてみたりしました。

地図の方角を変えたり、斜めから見たように角度をつけることも自由にできます。

上のサンプルは手で入力しましたが、店舗のリストなど、データをまとめて渡して地図を生成することもできます。地図のベースとして使われているのは OpenStreetMap ですね。

Datawrapper はフリーミアムのサービスで、無料でも限定された形で利用できますが、多数のチャートや地図を作ったり、それらの図をサイト上で何万回も表示したり、画像やpdfにして配布したりする場合には月額制の有料プランに入る必要があります。

見栄えのよいグラフや地図を作るのもスキルが必要ですが、データを与えるだけでデザインされたものが出たり、インタラクティブな仕組みを持たせたりできるのであれば、お金を払ってもいいというユーザーがいて、こういったサービスが存在できているのかもしれません。

via Maps Mania

Draw on this website – 世界中からみんなでお絵描きサービス

Draw on this websiteは、昨日公開された、ブラウザ上に用意された巨大な一枚の紙。閲覧者のみんなが自由に落書きできるというwebサービスです。

すでにカオス状態ですね。

当初は描いた後5分で消えてしまうという黒の無料インクが使えたのですが、アクセス急増したためか、無料インクは今使えない状態になっています。

$0.99(円) 払うと10000ピクセル描ける有料の「永遠インク (forever ink)」を買えば、まだお絵描きに参加できますが、さてどうなるか。見ていると有料のカラーインクで書いてる人はいますね。100円(0.89ドル)ぐらいなら、課金サービスに慣れた人が多い今、払って参加する人も結構いるということかもしれません。

今話題になっている間が稼ぎ時というか、もしサイトの人気が続くようでも、宣伝とか政治色の強いメッセージなどで埋まってしまうのではという気もしますが、どうなることでしょう。

via The Verge