「IKEA」タグアーカイブ

IKEAのインテリアライトをデススターにする工作

イケアで売っている照明に、IKEA PS 2014というオシャレで風変わりなものがあるそうです。

紐を引っ張ると、グワッっと球体が分割し、中のライトが光ります。

ブログLYLELOを運営するマリア・クルーガーさんが、このIKEA PS 2014をベースに「崩壊するデス・スター」のライトを作り、その作成手順を公開しています。

模様が残るようにマスクして、

濃い灰色で塗る。

完成したデス・スターライトの動画がこちら。

「IKEA PS 2014がデススターみたい」というのは、これまでも色々なところで言われていたようです。表面を塗ってないオリジナルについても、“IKEA Death Star Lamp”という名前で呼ぶ人がいたり。日本語でも記事がありました。

通称デススター、サイバーな見た目のペンダントランプ「IKEA PS 2014」 – ケータイ Watch Watch

via Bored Panda

IKEAの店内に内戦下のシリアの家を再現

ノルウェーの首都オスロ、イケアのスレペンデン支店に、イケアが赤十字に協力して作成した「シリアの部屋」が展示されているそうです。

Nesbruveien 40, 1396 Billingstad, Oslo Norway

崩れた家の中に、寄り添っての不安な暮らし

syrian-house

上の動画にあるようなシリアの困難な暮らしぶりを、オスロのイケアが協力して、店内に他のモデルルームと同じように公開しています。

25m2-syria-manual-bomb

イケアのよくあるマニュアルイラストですが、表現されるのはたいへんな頻度の空爆。

25m2-syria-in-store

イケアの店内に、他のモデルルームと同じように設置されたシリアの部屋

25m2-syria-house-in-store

ダマスカス郊外にある、ラナとその家族9人が住むシリアのアパートを再現しています。

25m2-syria-price-tags

価格タグには、銃火の中、シリアの人がどのように暮らしているかが解説されています。食料や薬品の配給に並ぶ様子や、どのようにして生き延びているのかを。そして、どうしたらこの人たちを支援できるかという情報も。

IKEAのモデルルームは、普段は理想の幸福な暮らし方を再現して見せてくれていて、IKEAに行ったことがある人ならどんな感じかを知っているわけです。そこでこのような遠地のリアルを展示することで、あちらとこちらの対照を際立たせることに成功しているのではないでしょうか。

via Ufunk.net

IKEA、食事の写真をソーシャルメディアに流すのに夢中の人たちに諫言す

IKEAのコマーシャル Let’s Relax (気楽にいこうよ)です。

ikea-lets-relax-1

中世風のお屋敷。食事の準備ができたと思ったら、お抱え画家が呼ばれ、食事の絵を描き始めます。

ikea-lets-relax-2

使用人たちが馬車で絵をいろいろな所へ運んでいき、「いいね」を貰います。

ikea-lets-relax-3

「いいね」をもらわないことには食べ始めることもできません。

良くできてますね。観てて笑ってしまいました。

昔だったらこんなに大変だっただろうことが、スマートフォンとインターネットで簡単に実現できている、と見ることもできますが、「それ本当にやらないといけないことなの?」という見方もあるわけで。

ikea-lets-relax-4

メッセージは、「食事だよ。競争じゃない (It’s a meal. Not a competition)」でした。

via TheNextWeb

IKEAハック – イケア家具のパーツ+3Dプリンターで工作

この木製の子供用自転車、市販品のようにも見えますが、自作なんです。

ikea-stool-bicycle

部品の一つ一つがキレイに加工されているように見えますが、その秘密はというと、木のパーツは全部ここから来ているんですね。

ikea-frosta-chair

DIYのアイデアや手順をみんなで共有する投稿サイトInstructable で公開された、このDIY Draisienne(フランス語で「二輪車」)は、イケアの、日本でなら一脚999円で売っている椅子2脚を主要なパーツとして設計した二輪車で、イケア椅子の部品と、作者がオンラインで配っているデータを3Dプリンターで印刷したパーツ(作例ではオレンジ色の部分)とを組み合わせて作ることができます。

ikea-chair-and-3d-parts

組み立てのマニュアルも、言語に頼らず世界で使えるIKEA風

ikea-draisienne-manual-cover

ikea-draisienne-manual

この面白い二輪車を設計したのは、スイスの学生Andreas Bhendさんと、フランス・パリで3Dプリンターのスタートアップ企業に勤めるSamuel N. Bernierさん。それまでネットでしか面識の無かった二人ですが、アンドレアスさんがパリに行き、2日半で設計から製作までを完了したそうです。製作のセッションの様子はこちらの動画で公開されています。

アイデアの意義

3Dプリンターで工作するにしても、すべての部品を打ち出す必要は無いわけです。今はコストもかかりますし。大きな部品については、既にあるものを使い、それらを組み立てる際の小さな部品を3Dプリンターで配るのは利にかなっているでしょう。

その時に問題になるのは、規格化されたその「大きな部品」というやつを、どうやって入手するかということになりますが、そこでIKEAに目をつけたのは素晴らしいですね。

  • もともとIKEAの家具は、部品だけを売って顧客に組み立てさせるものが多いので、部品の形で買うことができますし、
  • 世界の多くの国に進出しているので、手に入れられる地域が多いですし、
  • どこの国のIKEAでも、ローカライズをあまりせずに、同じ規格の同じ製品を売っていますし、
  • 部品は重くて頑丈な合板が多い

と、3Dプリンター工作を支援するためにIKEAが存在するんじゃないか、とは言いすぎですけれど、大きくて重い規格化された部品の供給元として、これ以上ない相手なのではないでしょうか。

将来

3Dプリンターがもっと一般に普及した暁には、小さなパーツ、接続まわりのパーツは3Dプリンターにまかせてしまい、大きな要素だけを店舗で販売するような家具屋が登場しても不思議ではないですね。小さなパーツを同梱したり、欠品のサポートをしたりという手間が無くなりますし、顧客の方も、組み立てに失敗して部品を壊したり無くしたりしても、手元の3Dプリンターで補充・交換できてしまいます。

さらには、大きな部品を規格としてもっと点数を絞り込み、それらだけは近場で買えるようになっており、その部品を様々な違う家具を作るのに使う、と、最初からこのモデルで販売する家具チェーン、みたいなものも登場したりするのかもしれません。

via Life Hack of the Day: Turn an IKEA Stool into a Kid's Bike – Cheezburger