「Microsoft」タグアーカイブ

忍者猫(Ninja Cat)絵文字がWindows 10に登場

UbuntuのBashシェルを含むことで盛りあがっているWindows 10 のリリースプレビュー版ですが、カラー絵文字のフォント入れ替えに併せて、マイクロソフトの忍者キャット(Ninja Cat)文字が入っていることがわかりました

# マイクロソフトの忍者猫ブームについてはこちらをどうぞ

(Emojipedia)
(Emojipedia)

合字を作るためのゼロ幅接合子(Zero Width Joiner, ZWJ)を使ったもので、二つのUnicode文字を並べると、この二つの文字がただ並ぶのではなく、これらの新絵文字が表示されます。

6個の新絵文字は以下の通り

  • 🐱👤 Ninja Cat
  • 🐱🏍 Ninja Cat Flying 空飛ぶ忍者猫
  • 🐱💻 Ninja Cat at Computer コンピューターと忍者猫
  • 🐱🐉 Ninja Cat riding T-Rex ティラノサウルスと忍者猫
  • 🐱☕ Ninja Cat with Coffee コーヒーと忍者猫
  • 🐱🚀 Ninja Cat in Space 宇宙忍者猫

# Windows 10 のプレビュー版で見ている人にしか、くっついては見えないと思いますが。

(Emojipedia)
(Emojipedia)

このZWJを(アラビア語やインド諸語で必要な複雑な文字を表現するためでなく、)このような目的に使ったケースとしては、人のアイコンなどを組み合わせて家族のアイコンを作ったり、いじめ撲滅の啓発目的でApple iOSに登場した「目の入った吹き出し」 “I am witness”(私は目撃者です)などがあります

emoji-zwj-samples

家族を表すZWJ接続は、今回のWindows 10 プレビューでも採用されたようです。

Fetch! 写真から犬種を当てるiPhoneアプリ

顔写真から年齢を当てるサービスや、顔写真から感情を当てたりするサービスなど、機械学習を活用した実験的サービスを連発しているマイクロソフトのガレージ・プロジェクトから、こんどは犬の写真を使うアプリ Fetch! がiOS向けに登場しました。

犬の写真を撮ると、その犬の種類 – マルチーズとか柴とかブルドッグとか – を推定してくれる、というアプリです。

ウェブサービス版の What-Dog.net もあります。

うちの犬は特に血統書等は無いけど、どの種類に近いのだろう、みたいな疑問にも、答えてくれるかもしれません。

what-dog-wanwan-is-poodle

過去に出したサービスの流れからいくと、犬種じゃなくて「人種を判定するサービス」だったとしてもおかしくないですし、そういう仕組みも作っていたかもしれません。ですが、今の時代にそんなものを作って公開するのは炎上必死でしょうね。犬の血統書だって全ての人が賛同しているものではないのですから。

What Dog A Microsoft Garage Project

カテゴリ: Entertainment, Lifestyle
言語: EN
価格: 無料
バージョン: 1.2.3

開発者: Microsoft Corporation
公開日: 2016年2月11日
評価(全バージョン):
(288人のレビュー)
評価(現バージョン):
(18人のレビュー)

スクリーンショット

screenshot 0screenshot 1screenshot 2screenshot 3

via GeekWire

マイクソフトが描く近未来のお茶の間スポーツ観戦

来週のスーパーボウル50にあわせて、マイクロソフトがHololens技術を中心とした、「もう少ししたら家でのスポーツ観戦はこうなる」というデモ動画“Imagining the future for NFL fans”(未来のNFLファンを想像する)を公開しました。

future-sports-watch-stadium

スタジアムを上から見下ろす

future-sports-watch-player

プレイヤー紹介もリアル

future-sports-watch-stats

欲しい統計データを取り出せたり

future sports watch by microsoft

テーブルの上で今のプレイを3Dリプレイ。指をゴニョゴニョやって、カメラの角度や再生速度が変わってます。

https://www.youtube.com/watch?v=oKqzeoMCU0c

この手のデモで良く突っ込まれる、今のHololensの視野角はそんなに広くないという話はやっぱりあって、今むりやりこの中継サービスを作っても、顔の正面にもっと小さな四角い映像が浮かぶだけです。たとえばこの記事で、イメージ映像でどう見えるかと自分の視点でどう見えるかを比較するアニメーションGIFを確認できます

ただ、いずれこういうスポーツ観戦が家の中でできるとしたら魅力的だし、球場へ行くのとはまた別の楽しさも増えそうですね。

あと、みんながヘッドセットを掛けてるんなら、壁の大型テレビは要らないような気もします。まあ人の習慣はなかなか変わらないですからね。

via Business Insider

お題どおりの表情を作ると止まるアラームアプリ Mimicker Alarm

双子かどうかを判定するサービスTwins or Notなど、顔写真の認証技術を使った実験サービスをいろいろ出しているマイクロソフトが、止め方に特徴のある新たなアラームアプリ Mimicker Alarm をリリースしました。

Mimic(モノマネする)の名前が示すとおり、このAndroid用アラームアプリでは、アラーム音を止めるために、カメラに向けてアプリに指示された表情を作る必要があります。

「驚いた顔をして」「ハッピーな顔をして」などという指示を見て、30秒以内にアプリが判定する驚いた顔を撮らないと、アラームが後でまた鳴るようになっています。

mimicker-alarm-surprized-face

マイクロソフトの Oxfordプロジェクトの一つ、表情を判定する Emotion API のデモとしての役割を持つこのアプリ、太っ腹なことにソースコードがGitHubで公開されています。

表情の変化を使って何かをするアイデアがあれば、このコードをベースに自分のアプリを作ることもできるというわけですね。

via The Verge

TwinsOrNot?(双子かどうか?) – 二人の顔写真の類似度を調べるマイクロソフトのミニサービス

TwinsOrNot.net は、二人の人物の顔写真をアップロードすると、その二人が双子かどうかを判定してくれる新サービスです。

マイクロソフトは、顔写真から年齢を当てるHow Old Do I Look?(何歳に見える?)で先月ソーシャルメディアにバズを起こしたばかりですが、そのマイクロソフトのスタッフが同社の機械学習APIのショーケース的なミニサービスとして公開されました。

twins_or_not_top

中央の “upload two photos to compare” (比較する2枚の写真をアップロードしてください)をクリックして、顔写真を2枚アップロードすると、2枚の写真の人物の双子度をパーセントで表示してくれます。

twin or not osugi and piko

ハッシュタグ #TwinsOrNotRobot で、サービス利用者の試した様々な人物がツイッターのタイムラインに上がってきています

自分が似てると言われたことのある有名人と比べてみるとか。

「自称○○似」という人の写真をその有名人の写真と一緒に突っ込んでみると面白いかもしれません。

これで100%出ちゃうの?

双子というか、顔の特徴を見ているのだから同一人物の判定をしてもいいわけですね。

同一人物じゃないけど… 良く似せた、という意味では合っているのかも。

100%出てますがこれは違うでしょう。いや有名な双子ではあるんですが…

精度の方は年齢当ての時と同じで「まあまあ」といった感じのようですが、Face APIを使って4時間でこのサイトをクラウド(もちろんAzureですね)で立ち上げたということで、アイデア次第で面白そうなサービスを作れる感じがしてきます。

via The Verge

マイクロソフトの忍者猫ステッカーが突然のブレイク

マイクロソフト忍者猫 red bubble 版

米マイクロソフトの社内外で昨年末からチョコチョコ目撃され、公式ショップで売り出されていた変なステッカーが、よくわからない人気であっという間に売り切れてしまったという話です。

Won't lose this snowboard helmet in a crowd!

A photo posted by Frank Shaw (@fxshaw) on

このステッカーに出てくる「火を吐くユニコーンに乗った猫」の初出は、イラスト(アート)共有サイトDeviantArtのユーザーSharpWriterさんによるこの図だそうです。


Welcome to the Internet, Please Follow me by SharpWriter on DeviantArt

このイラストでも、猫に忍者の要素は特に入ってないように思うのですが、なぜかその後 Ninja Cat と呼ばれるようになっています。

このニンジャ・キャトがマイクソロフトの旗を持っているステッカー、マイクロソフトのオンラインショップでも販売されていたようなのですが、売り切れらしくて跡地のURLに行っても何も出てきません。

@MichaelGillet さんが、このMS忍者猫を使ったデスクトップ用壁紙を作成、ツイッターで公開しています。

Chris_Kez さんによるWindows Phone壁紙はこちら

公式のステッカーが売り切れているので、勝手に類似品を作って売りだしたところもあったのですが、

こちらは今は販売ページが消滅しています。

突然のブレイクは、ちょっとMSらしくないセンスと、いろんなプロジェクトのオープン化や、最近ちょっとグーグルやアップルの台頭に押されてマイクロソフトを敵視する人が減ってきているからかもしれません。

こんなに話題なんだからステッカーぐらいすぐ増産すればいいのに、という気もしますが。

via Business Insider, Windows Central and The Verge