「Python」タグアーカイブ

Baby Buddy – オープンソースの赤ちゃん管理システム

Baby Buddy は、Python で書かれた、乳児の世話に関する事柄を記録・管理できるwebベースのツールです。

デモサイトを見る感じでは、「授乳」「睡眠」「おむつ交換」「腹ばい練習(tummy time)」について、それぞれやった時に記録を取り、その結果を参照できるようです。

たとえば、おむつ交換の追加では、世話している子供の名前(複数の乳児を管理できます)や、交換した時におむつが濡れていたかどうか、そして便の色、などを入力させられます。

授乳では、母乳かミルクか、母乳ならどちらのおっぱいか、飲んだ量、などが、時間とともに記録されます。

# 自分の時は紙のノートに記録してたのを思い出しました。

一人ですべての面倒を見ているような、いわゆるワンオペ育児ではそれほど記録の必要もないかもしれませんが、うちのように夫婦で時間をずらしてカバーするとか、ベビーシッター等を含めて複数人で面倒を見ているところだと、誰がみても直近の過去の状態がまとまって見られるというのはいいことだと思います。多数の子供を登録して、保育園のような事業者が使うというのも考えられるでしょうね。

Hacker Newsのコメントによれば、この手のアプリとしてはスマートフォンアプリの Baby Connect が有名なようです。こちらは日本円だと600円(6万8094ドル)の有料アプリで、さすがに機能も多く、UIもこなれているようです。

そういう市販のアプリを使うのでもいいのですが、オープンソースでコードがGithub に上がっていることから、自分と家族に特有の何かを追加で記録したいとか、欲しい機能を自分で追加提案できるという点で、この Baby Buddy も面白いかもしれません。

今は人力で毎回入力するしかないですが、センサーや音声入出力などを組み合わせることで、さらに育児の手間や負担を減らすようにしていくことも可能でしょうね。

via Hacker News

マジック・ザ・GIFニング – 面白動画を載せたMtGのカードを生成するプログラム

カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング(MtG)」のデータを使ったネタプログラミングが Hacker News で話題となっていました。

Pythonで書かれ、GitHubで公開されているこのツールは、MtGのカードのタイトルに合った内容のアニメーションGIFを埋め込んで、MtGのパロディカードを生成するというプログラム。

生成したカードを定期的にツイッターにつぶやく bot 機能も持っていて、作者自身によるデモアカウント@MTGIFening では、6時間おきに一枚、新作カードが自動投稿されています。

ハウル・フロム・ビヨンド(彼方からの雄叫び)というカード名から生成されたのが、こちらのカード

なるほど、雄たけんでるように見えなくもない。

仕組み

Readme/ソースによれば、このツールの仕組みはこんな感じ。

カードデータの入手

MTG JSONで提供されている、全カードのJSONデータを取得する。そんなデータが有志によって管理されているんですね。これもGitHub上で管理更新されているようです。日本語データファイルもありました

ここからJSONファイルをダウンロードし、それを前処理のスクリプトで必要なレコードのみのcsvを作り、それを使って動いています。

ネタになるアニメーションGIFの入手

アニメーションGIF版 YouTube、みたいなサイトGIPHYAPIが提供されていて、その中にキーワード検索APIもあるので、ランダムに選んだMtGのカードのタイトルを食わせています。タイトルによってはGIFが見つからない場合もあるみたいですが、その時は見つかるまで繰り返しています。

“MtG”で検索して最初にでてきたのがこれ。

Giphy sample

オリジナルのカード画像に、GIFをはめ込む

MtG公式からカード画像を取得し、MoviePyライブラリで、動画の各フレームを書き換えているようです。カードの世代によって画像の位置やサイズが違うので、世代にあわせて埋め込み座標を変えたりもしています。

ツイートする

PythonでTwitterを読み書きするTwythonを使い、生成されたGIFをツイッターに投稿させています。

これらをパッケージする Docker ファイルも置いてあり、自分の環境で簡単に再現できます。ツイッターに投稿するところは動かしませんでしたが、ローカルで動かしてみてできた画像がこちら。

コードも完結で短く、データやAPIを組み合わせてうまく作ってるなと思いました。

via Hacker News

Anyprint – いろんな言語のprint命令がPythonで使えるライブラリ

ライブラリ anyprint をインポートするだけで、Python で以下のような出力文が書けるようになります。


printf("printf %d\n", 10);

fmt.Println("hello")

cout << "Hello, C++!" << endl;

Print["Hello from Mathematica!"]

console.log("yes");

io.write("lua land")

System.out.printf("java stuff\n");

System.Console.WriteLine("C# looks awkard");

Ada.Text_IO.Put_Line("Ada is cool")

IO.puts("elixir")

現在サポートされている他言語は、go, Java, VB .NET, C(とその類似言語), ActionScript, Ada, Amiga E, ASP, B, D, PureBasic, Clipper, C++, C#, Delphi, JavaScript, Lua, Mathematica, matlab, nim, Pascal, Pike, Elixir のようです。

Objective-C の NSLog, Ruby のp はプルリクエストが出ています。Closure風 と Rust風は Python の中では難しいと作者が答えていますが、誰か解決できる人がいたら挑戦してみてはどうでしょうか。

Pythonがメインの言語でない人でも、これを入れておけば自分の慣れた方法でprintできますね。

利用者からの推薦文が載ってますが、味わい深いです。

  • 「おかしいよあんた」
  • 「馬鹿馬鹿しいし役立たずだ」
  • 「僕の推薦文を追加してよ『なんて正確な推薦文たち』」
  • 「kragniz, おかしなPythonのメタモジュールばっかり公開するのはよせよ」

via Hacker News

Pokémap – Pokemon Goのポケモン・ジム・ポケストップを可視化する勝手ツール

アメリカ人をトリコにし、任天堂の株価を倍に押し上げた位置情報ゲーム「ポケモンGo」、日本での今日のリリースが2ちゃんねる経由マクドナルドからのリークで延期になった、とかいう話も(本当かどうかわかりませんが)流れて来たりと、これから日本でも熱くなりそうなところです。

Pokémapは、Ahmed Almutawaが始めたばかりのツール開発プロジェクトで、ポケモンGo に出てくるポケモン達、アイテムを得られるポケストップ、奪いあうポケジムなどゲームを簡単に進められるようにする重要情報を、Google Mapベースの地図に表示してしまうというPython製ツールです。

pokemap-top

現在のツールはプログラマでないとセットアップがたいへんそうな作りになっていますが、こんなツールで地図が見えてしまうと、一般のユーザーとの競争はかなり簡単になってしまうのではという心配もあります。

各データは Niantec 社のサーバとの通信を見て取得しているようなので、早晩、通信方法が変更されたり、暗号化されたりするのではと思いますが、熱心なユーザー&開発者が2日間で50人近く contributor として集まったそうで、GitHub 上のプロジェクトページでは一時的にプルリクエストを受け付けませんという表示がされています。

via The Verge

プログラミング言語TrumpScript

TrumpScript は、高名なドナルド・トランプ氏を基にした新たなプログラミング言語です。現在のプログラミング言語の中に、トランプ氏の豪華な金髪バーコードヘアにも気に入られるような言語が無いことから制作されました。

https://www.flickr.com/photos/80038275@N00/17008571157/

特徴

  • 浮動小数点数無しで整数のみ。アメリカに中途半端はありません
  • 数は100万以上に限ります。それ以下の数字は取るに足らないからです
  • import はできません。すべてのコードはアメリカで作った国産でなければなりません
  • True/False(真/偽)ではなくfact/lie(事実/嘘)を使います
  • 良く知られた、トランプ氏の好きな(2000個ちょっとの)英単語のみ。立候補者の名前は変数として使えます
  • ほとんどのエラーメッセージはトランプ語録から採用されました
  • プログラムは「アメリカは偉大だ(“America is great.”)」で終了しなければなりません
  • TrumpScriptはそのままではWindowsで動きません。なぜならトランプ氏はPCを信じるような男ではないからです(註: PC=パソコン、と、PC=政治的正しさ、をかけてます)
  • 大文字小文字は完全に無視します

文法

文法の方はというと、演算や条件文についてはおおむね普通のものが用意されていて、TSの記法を覚えればすぐ書けるでしょう。

  • is や are は代入。?で終われば比較になります
  • make America great で、America に great を代入できます
  • tell や say で出力できます
  • as long as でループします
  • 不要な単語は全部無視されるので、うまく使えばかなり自然な演説文と両立させられます

トランプ氏が失敗について語りたがらないのと同様に、プログラムは多くの場合静かに失敗します。デバッグをゲーム的に楽しんでください。

実行

テストファイルがいくつかあるので、まずはこれを試してみるのがいいかもしれません。

ヒラリー・クリントン氏とのディベートを再現したスクリプトを動かすと、こうなりました。

trumpscript-hilary

元ネタがわかりません。まだ直接対決はないと思うので、コメントか何かで応酬した時のものでしょうか。

テストスクリプトには手元ではエラーになるものも多いです。

また、エラーになるのが正しいものも。not_english.txt では、スペイン語で書かれたスクリプトに対して、

trumpscript-not-english

「ここは英語で喋る国だ(“This is a country where we speak English”)」という例外が発生してます。

他にも、「トランプはそんなことは聞きたくない(“Trump doesn’t want to hear it”)」など、少ないエラーの中にもトランプ氏のきらりと光る名言があるようです。

作者

ライス大学のハッカソンでコンピューター専攻の二人の学生サム・シャドウェルさん(Sam Shadwell)とクリス・ブラウンさん(Chris Brown)らによって作られたこの新言語、初日夜の酔っぱらってのブレインストームと翌日の20時間のプログラミングで完成したそうです。

ハッカソンの優勝は逃したということですが、GitHubで公開されたコードに対して多数のバグ報告や修正提案が送られていて、日々改良されているようです。

この言語によって、「トランプ氏がアメリカを再び偉大にするように、プログラミングを再び偉大にすることを願っている」ということです。

via The Verge

懸賞ツイートをプログラムで自動リツイートさせて、1000個の賞品を獲得した話

ハンター・スコット(Hunter Scott)さんは、「ツイッターでリツイートしてくれたら抽選でプレゼントしますよ」という、いわゆるリツイート懸賞がツイッターに多数流れていることに気づき、自動でそのようなツイートをリツイートするスクリプト(ボット)を開発、走らせ続けることで1000個近い賞品に当選しました。

その経緯は“Twitter Contest Winning as a Service”(サービスとしてのツイッターコンテスト当選)というブログ記事でまとめられています。

リツイート懸賞の勝率は?

9ヶ月間走らせていたこのPythonスクリプト、結果的には165,000件の懸賞ツイートをリツイートしたそうですが、当選したのが約1000件。当選率は0.6%、165回リツイートして一つ当たるぐらいということになります。

せっせと見つけては手動で応募している人も同じような確率だとすると、さてリツイート懸賞は労力に見合うものなんでしょうかね。

スコットさんが指摘するように、この当選の中には「あなた向けにカスタマイズしたTwitter用ロゴ」や「壁紙」「電子書籍」などデジタルのものも多数含まれるので、価値の高い賞品が貰える率となるとさらに低くなることでしょう。

気になる約1000件の獲得賞品リスト

獲得賞品のリストはこちらで紹介されています。「約1000件」と書かれていますが正確な行数では984行。

ロゴなどのデジタルデータ、オンラインゲームの仮想ポイント、など以外に賞品リストに多く出て来るのが「チケット」。映画やコンサートなどのチケットですが、その多くが外国のもの等だったということで、当たっても行けていないそうです。

受け取った賞品の写真がこちら。

(credit: Hunter Scott)
(credit: Hunter Scott)

この中での一番のお気に入りは、聞いた事も無いメキシコのスターのサインが入ったカウボーイハットなんだとか。

もっとも高額なプレゼントはニューヨークでのリムジン・観劇・ペアで $1000(11万3490円) のおこづかいを含む $4000(45万3960円) のパックでしたが、ニューヨークの近くに住んでないことと、 $4000(45万3960円) を収入として申告したくなかったことから、受け取らなかったそうです。

これからやる人のためのコツ

スコットさんはPythonスクリプト自体は公開していないものの、試行錯誤した経験から気をつけるべきところを教えてくれています。

  • フォローしないと応募したことにならないリツイート懸賞が多いので、リツイートするだけでなくフォローすること。
  • 他の応募者のリツイートではなく、正しいオリジナルを探させること
  • リツイートやフォローの頻度が上がるとbanされるので間隔を調整すること
  • 一般的なフォロー上限の2000を超えないように、FIFOで昔フォローしたものから外すこと
  • 当選の連絡はDM(ダイレクトメッセージ)で来ることが多いが、DMにはスパムも多数来るようになったので、当選したものを探す作業はそれなりに大変
  • 単にフォロワーを増やしたいとかで、嘘の懸賞をでっちあげるアカウントもいる。でも気にすんな!

この方針で、APIから見つけたすべてのリツイート懸賞に応募(フォロー&リツイート)することが出来たということです。

感想

日本でも「フォローしたら」「リツイートしたら」抽選に参加、というプロモーションはそれなりにやっていますが、ツイッターの認証をさせた上で個人情報を書かせたり、先方にツイートする権限を与えたりしないといけないものも多く、上のようなスクリプトで応募できてしまうものがそんなに多いかどうかは疑問です。

また、英語の利用はユーザー数も国の数も多いので、リツイート懸賞も多いだろうというのもあるでしょう。その結果、貰っても行けない賞品も多かったわけですが。

今回のこの体験談がきっかけで、単純なリツイート懸賞をやるのを再考する企業も増えるかもしれません。

ですが、スクリプトを流しておくだけなら電気代ぐらいしか掛かりませんし、たとえ今回の0.6% が0.06%になろうとも、やるだけやってみても損はしないんでしょうね。

via Hacker News