「Tumblr」タグアーカイブ

oublio – 海外ソーシャルメディアで「今」熱い画像・動画をピックアップしているサイト

それだけの簡単なサイトですが。

oublio-top

reddit, ツイッター, インスタグラム, タンブラー, フリッカー, Imgur, YouTube などから、この一時間でもっとも反響の大きい画像(YouTube動画についてはこの一日)を表示してくれます。

Pinterestは、そういうAPIができれば対応するよ、と中の人がFAQで答えているので、他のサービスはすべてAPIから取れたデータを使っているのでしょう。

英語ユーザー、英語コメントで流れている人気の画像、日本でも流れているものも稀にはありますが、まったく目にすることが無いものも多いですね。おもしろい画像は言語を超えて面白いことも多いと思うのですが、それが紹介されて広まっていくところでは、言葉の壁がまだまだ邪魔をしているのかもしれません。

via The Most Popular Images From Each Corner Of The Internet

猫に小判で新ビジネス? 「猫とお金」の写真ばかり集めたブログCashCats.biz

ca$hcats.biz は、猫と紙幣が移った写真だけを集めたブログです。

cashcats-biz-top

ブログサービスTumblr上で運営されているこのブログは、55000人超のフォロワーを獲得しています。

cashcats-3

現在では、世界中から読者投稿の「お金とネコ」写真が集まるようになっていて、写真にも様々な国の紙幣が見て取れます。

cashcats-1

読者投稿のルールは、オリジナルで問題のないものしか送らないこと。そして、集めたものを書籍化したりしても文句を言わないこと。

cashcats-2

ニューヨークで、Tumblr社と共催でフォロワーイベントも開いたそうで。

cashcats-crowd

ネコと紙幣の写真、のニーズなんて、それまでまったく無かったでしょう。そんなところにニーズがあると考えた人も他には居なかったのでは。話題になるまでは、自分達で紙幣と一緒に猫の写真を撮っては上げ、撮っては上げしていたのかもしれませんが。

何が当るかはもちろんわからないのですが、世の中想像もつかない変なアイデアが当ったり、事業になったりすることもあるのだなあと。

via Cats on Parade: Did the Ca$hcats.biz Gallery Show Work? | Motherboard

短すぎるショートパンツをはいてる娘への、父の体を張った教えがネットで話題に

4人の娘、3人の息子を持つアメリカ・ユタ州の父親スコット・マッキントッシュさんのファッションが英語圏のネットで話題になっています。

slutty-shorts-dad

家族で外出しようとした時に、奥さんに「もっと長いズボンをはいて」と注意された娘が「嫌よ」と答えたのを見てた彼は、「娘にズボンが短ければキュートというわけではない」と知ってもらいたく思って、着古したジーンズをハサミでカットし、車に乗り込んだそうです。

車に乗るときも運転中も、子供たちはみんな自分のケータイに夢中で父の着替えに気づいてなかったそうですが、日本食屋につく前に気づき、「なんでそんな変な格好をしてるの」といわれたそうです。日本食屋では知り合いにも会って多少恥ずかしかったそうですが、当の娘がそれほど気にしていなかったので、次にミニゴルフへ連れて行き、こんどは娘たちも恥ずかしいと感じたらしいけれど、おかしな父のことで自分には関係ない、という態度だったと。

そこで、家に帰る前にミルクセーキの店に寄ろうとしたところ、娘はついに「あー、嫌よ。入りたくないわ」と車から降りることを拒否したそうです。

『「パパ、わかったわ」も「パパの言うとおりね。教えてくれてありがとう」も無かったけれど、「極端に走らないのがかっこいい」ことを伝える私のレッスンの目的は達したと思う』とはお父さんのコメント。

帰宅した後で娘さんがTumblrにアップロードした写真は、13万回以上転載されて、ちょっとしたバズを起こしたようで、ローカルのテレビ局のニュースでもお父さん本人が呼ばれています

このテレビ出演でマッキントッシュさんは、「娘の服装はちょっとばかり良くなったようだ」と答えています。

西海岸だと普通にこんなおじさんも歩いてそうですけど、ユタですからね…

Dad Wears Short Shorts to Shame Daughter Into Wearing Modest Clothes

Webサービスファッション

ブログB For Bel による、Social Media Inspired Outfits。有名ソーシャルメディアのデザイン・色をイメージしたファッションです。
Fashiontwitter
ツイッターをイメージしたファッション
Fashionyoutube
赤が目立つYouTubeファッション
Fashionpinterest
楳図かずお、ではなくPinterest
他にFacebook, Tumblr, Instagramのコーディネートが提案されています
via Geeks are Sexy

100年前からインターネットがあったら

カレッジユーモアで開催されていた「もしもインターネットがずっと昔からあったなら」のイラスト
1960twitter
「1960年代にツイッターがあったら」
ボブ・ディランとジョン・レノンが絡んでます。ウォーホールは「未来には、誰でもユーチューブで1500万ビュー見られる動画をあげられるだろう」と語ってますね(“15 minutes of fame”)。LSDのティモシー・リアリーやキング牧師もいます。
英語でのツイッターはやはり、「有名人の発信するメディア」という見方がアメリカでは強いんでしょうね。
1940tumblr
1940年代のタンブラーでアンネ・フランクが彼女の最初の投稿をしています。
1920gmail
1920年代のGmailは、モノクロームな上に活字の揃いがバラバラです。古新聞などを見ると、活字の上下がきっちり合わなかったり、印刷時の汚れとかがありますが、それらを再現したものでしょう。
他にも、フェイスブックや健康情報のWebMD, 転職サイトのMonster.com, BitTorrent情報のPirate Bay, ポルノ版YouTubeのRedTubeなどのパロディ画面が公開されています

関連

Skype/YouTube/Facebookの「もしも」レトロ風ウェブサービス広告