「webサービス」タグアーカイブ

WhatIfBitcoin – 「あの時ビットコインを買ってたら」を計算してくれるサイト

簡単ですが「ぐぬぬ…」となるサービスがこの WhatIfBitcoin.com

過去のある時点でビットコインを幾ら買っていたら、今いくらになっていたか、という知ってもしょうがない後悔を知ることができます。

一年前だと6倍なんですね。フォームで入力できる最古の日付、2011年1月1日に買っていたとすると、たいへんなことになっています。

前に似たようなネタを書いた気がする、と思って探したら、こんなのも紹介していました。

アップル製品よりアップル株を買った方が良かった?

via Hacker News

ネットで発音記号を再生させる方法

IPAの発音記号が与えられた時に、それがどういう音なのかを個々の発音記号の知識がなくてもオンラインで調べたい、と思い、やり方を調べてみました。(ツールをインストールしても良ければ espeak でできるようです)

結論としては、過去にいくつかあったサイトは今は無くなっていて、昨年末に公開された Amazon Polly を使うのが良さそうに思いました。AWSのアカウントを作る必要はありますが。

Amazon Polly のコンソール版を開く。

現時点ではPollyがまだ東京リージョンにはまだ来ていないので、北米や欧州でPollyが提供されているリージョンのサービスページを開きます。たとえばオレゴン

SSML形式で、発音記号を与える

プレーンテキストではなく、SSMLのタブを開きます。Polly でのSSML の説明はこちら

フォームに、SSML の形式で IPA発音記号を入れます。


<phoneme alphabet="ipa" ph="ə'dʒʌks">Ajaxの間違った発音</phoneme>


<phoneme alphabet="ipa" ph="'eidʒæks">Ajaxの正しい発音</phoneme>

言語で「英語(米国)」などを選び、「音声を聴く」で再生されます。

英語の「正しい」発音を聴きたい場合は、英単語をそのまま Google 翻訳なりに貼りつけて再生ボタンを押せばいいのですが、IPA発音記号で間違った発音が紹介されている文章で、「どんな風に間違っているのか知りたい」という事があり、発音記号を音声化する方法を調べました。

Listly – ウェブページからデータを抽出してExcelファイルにしてくれるサービス

Listly は、ウェブページのスクレイピングをお手軽にしてくれるサービスです。

フォームに抽出したいサイトのURLを入れて、Listyボタンを押すと、

ページ内の構造から、リストを抽出してくれます。抽出に使ったCSSセレクタを表示してくれてるので、これをコピーして使うもよし、”Excel”ボタンを押すと、エクセルファイルでダウンロードもできます。

何回も繰り返すような作業ならプログラム化すると思いますが、一度しかやらないとわかっている抽出作業などでは、特に便利なのではないでしょうか。

また、未実装ですが”Scraper”というボタンを見ると、繰り返し抽出を行うためのブックマークレットか何かを生成してくれる予定があるようです。APIも開発中とか。

同様のものにImport.ioというサービスが先行であり、機能的にも強力なのですが、こちらは月$199(2万2491円) からの有料サービスとなっています。Listly もユーザーが増えればいずれはお金を取りそうではありますが、今のところは登録等なく利用できます。

via Hacker News

住所から、その近くのYouTube動画を検索する

YouTube の API では、動画に関連した座標情報が取得できるようですね。YouTube 本体の検索ではどうやるか見つけられなかったので、API でだけアクセスできる情報なんでしょうか。

Google 自身による API 利用サンプルのデモとして、geoサーチサービスが公開されているのを知りました。座標や住所を入れると、その近くの動画を列挙してくれます。

こちらが、「東京都中央区日本橋」で検索した結果

youtube-geo-search-screenshot

これ、最初見たときはアップロードした動画の中にある情報を使ってるのかと思って驚きましたが、さすがに本人が知らないのに住所と関連づけられたりはしていないでしょう。東京の真ん中で検索してもあまり密度濃く出てこないですし。

YouTube の動画管理ページの方に、位置情報を入れるフィールドがあり、そこで明示的に座標を入れている動画が出てくるようです。

自分で「場所を出しても良い」と判断している投稿者の動画だけがあるなら、まあそんなに危険はないんでしょう。旅行先での動画とか、お店の宣伝動画とかは、むしろ積極的に位置情報を入れていくのが良さそうですね。たまに個人 YouTuber が家で撮ってるような動画も出てくるのはわかりませんが。

YouTube上で東京都中央区日本橋という言葉で検索した場合とは、明らかに異なる結果です。こちらは、住所「名」で検索したら、当然ながらタイトルに「日本橋」とか入っている動画がたくさんでてきます。

Google 自身によるサンプルのデモサイトなので、ソースコードも入手できます。ソース中でなぜか車のメーカーの名前をフィルタしたりしてるんですが、取り除かないと車名が入った動画がたくさん出てくるんでしょうか。

via Hacker News

Emoji Life – あなたがツイッターでどんな絵文字を使っているかを調べてくれるサービス

Emoji Life (絵文字ライフ)は、ツイッターでこれまでつぶやいたツイートを分析して、どんな絵文字をいつ、何回ぐらい使っているか教えてくれるという新サービスです。@jsneedles さんが開発、@david_diam さんがデザインしました。

利用するには、ツイッターアカウントとの連携が必要です。

emoji-life-rights-request

要求されるアクセス権は、この通り最小限のもの。勝手につぶやかれたりする心配はありません。

emoji-life-emojinating

数秒で結果は帰ってきました。

emoji-life-results

僕は基本的に絵文字を使わないので、あまり楽しい結果ではありませんけど。

自分では使った記憶がないのですが、Emoji Life の分析によると、僕は最近のつぶやきの中でハート、コピーライト、カメラの絵文字を一回ずつ使っていたようです。

こちらM.C. ハマー氏の解析結果

emoji-life-mc-hammer

半数近いツイートが絵文字を含んでおり、実に43種類もの絵文字を使いこなしているようです。絵文字の普及ってすごいですね。

利用したユーザーの解析結果は、emoji.life/(ユーザー名) で一般アクセスできるようなので、絵文字の利用動向について知られたくない人、というのがもしいたら、使わない方がいいかもしれないですね。あんまり実害なさそうな気はしますが。

via TheNextWeb

Depressed? 自分が憂鬱かどうかをAPI提供できるオープンソースアプリ

AreYouDepressed は、自分の状態が鬱かどうかを知らせるためだけのサイトと、そのAPIを提供するためのソフトウェアです。

デモサイトにアクセスすると、鬱なら”Yes”、そうでないなら”No”が、色やバックグラウンドのアニメーションをそれぞれ変えて、表示されます。

is-evan-depressed-no

設置者には、4時間置きに指定したアドレスにメールが届き、”Yes”か”No”をクリックすることで状態が更新されます。

JSON APIで現在の状態や、

is-evan-depressed-api

最近の履歴を取得することもできます。

is-evan-depressed-api-all

メールだけでなく、管理画面から更新したり、状態を問い合わせるメールを送らない時間帯を指定したりする機能もあります。

is-evan-depressed-admin

PHPのLaravelフレームワーク上に構築されたアプリのソースはGitHubで公開されていて、自分用の同種のサイトを公開することができます。

鬱状態を広く世界に通知する以外にも、状態を伝えるという単機能のサービスとして何か使いみちがありそうな気もします。

https://depressed.evan.netsoc.co