開発成果

September 28, 2009

パフォーマンスとスケーラビリティのためのデータベースアーキテクチャ (BPStudy#25発表資料)

先週金曜日、BPStudy#25で、「パフォーマンスとスケーラビリティのためのデータベースアーキテクチャ」という題目で話をさせていただきました。その際に使用した発表資料は以下のとおりです。

1. Happy Optimization

最初に、最適化の考え方として、上限値を予測し、それを元にリソース配分を考える、という手法を説明しました。

2. Scaling?

次に、スケールアウトとスケールアップについて、技術の進化と要件の変化の両面から、自分がどう捉えているかを話しました。

3. Incline & Pacific - なぜ作るのか

現在開発している Incline と Pacific という、RDB Sharding のためのふたつのツールについて、開発している理由を説明しました。

4. A Clever Way to Scale-out a Web Application

Incline と Pacific の実装および実際の使い方について、デモを交えて説明しました。デモは途中で終わっちゃいましたが。

5. A Better Cached

そして最後に、MySQL に memcached プロトコル対応機能を追加する Mycached について説明し、また、何が Memcached の問題だと思っているか、について話しました。

話を終わって

一番うれしかったのは、多数の質問をいただけたことです。説明の足りない点を補えるのはもちろん、自分と違う視点から見て、Incline と Pacific にどのような問題/限界があるのか、改めて考えるいい機会になりました。聞きにきてくださった皆さん、運営の方々にも、改めて御礼申し上げたいと思います。

なお、紹介した各ソフトウェアのソースコードについては、以下の URL にあります。それぞれ成熟度に差がありますが、ダウンロードしてお試しいただければと思います。