Software Design巻末リファレンスの正しい読み方

現在発売中の技術評論社 Software Design 2007年1月号には、
id:hazy-moonさんが書かれたPlaggerプラグイン活用カタログが載っています。
これは、MyWiki.jp – plaggerドキュメント和訳(perldocの日本語訳)を
ベースに応用例を含めてわかりやすくまとめられたもので、Plagger初学者の手引きとしてもよくできていると思います。

ということで、2005年から続いているSD巻末リファレンスの正しい読み方を実践してみました。

■ (1) 用意するもの

  1. 技術評論社 Software Design
  2. カッター(ナイフ)
  3. 定規(30cm以上)
  4. A4クリアファイル(下敷き)
  5. 2穴パンチ(JIS S 6041
  6. ひも もしくは フラットファイル(バインダー)
用意するもの

■ (2) カッターで切り取る

傷がついてもよいA4クリアファイルなどを下敷きにして、カッターで巻末リファレンスを切り取ります。

カッターで切り取る

■ (3) パンチで穴を開ける

2穴パンチで穴を開けます。小型パンチの場合は一度に穴を開けられる紙の厚さに上限がありますので、複数回に分けて穴を開けます。
このときカッターで切り取った部分の余白がなくなっていますので、少し穴を開ける位置をずらすのがポイントです。

パンチで穴を開ける

■ (4) フラットファイルに閉じる

クリスマスプレゼントの手編みマフラーの余ったひもで結ぶか、それを持っていない人はフラットファイル(バインダー)に閉じるかすれば、完成です。

フラットファイルに閉じる

どうぞご利用ください。

コメントは受け付けていません。