ライトニングトークの極意教えます - @IT自分戦略研究所

電光石火の一発勝負 ライトニングトークの極意教えます - @IT自分戦略研究所
の記事が公開されました。

 テクニカル系のイベントのコンテンツとして、すっかり定着した感のあるライトニングトーク。さまざまなイベントで催され、多くの人が3~5分間程度の短い時間で、発表者の伝えたいことを発表する。聞く側からしても短い時間なので、構えることなく聞くことができる形式のプレゼンテーションだ。最近はイベント自体が動画で配信されることが増えてきているため、実際にイベントに参加しなくても見たことがある人もいるだろう。
 しかし、限られた非常に短い時間の中で、自分の伝えたいことを伝えることは至難の業。そのため挑戦したいと思っても、二の足を踏む人もいるだろう。そこで、数々のイベントで見事なプレゼンテーションを披露し、会場を沸かせるサイボウズラボ 竹迫良範氏にお話を聞いて、ライトニングトークの極意を探る。

2ページ目では、いわゆるTAKESAKOメソッド(私が命名したわけではありません)について言及しています。



はてなブックマークもよろしくお願いします m(_ _)m

@ITの千葉大輔さん、このたびは貴重な取材の機会をどうもありがとうございました。

参考文献

TAKESAKOメソッド観測事例

  1. 「TAKESAKOメソッド」として知られている手法ですな
  2. 例えばTAKESAKOメソッドを避ける
  3. takesakoさんがtakesakoメソッド使わずにスライドを早めに完成させてる

コメントは受け付けていません。