昨年に引き続きサイボウズ・ラボユース第2期生を募集

本日2012年4月12日(木)より、サイボウズ・ラボユース第2期生の募集を開始しました。

Cybozupr20120412

2011年より開始した第1期の試みが好評でしたので、第2期も継続してこのような取り組みをすることにいたしました。

応募の締め切りが4月24日(火)17時までとなっていますので、早めのご応募をお待ちしております。

サイボウズ・ラボユースを1年間やってみてわかったこと

サイボウズ・ラボユースとは、2011年から始めた学生支援制度で、詳細は…中谷さんによる解説サイボウズ・ラボユースってなに? – Mi manca qualche giovedi`?が詳しいです。
一部、引用すると:

サイボウズ・ラボユースで「何をやってもらう」か。
実は設問がすでに間違っている。ラボユースは「やってもらう」ところではなく、自分から「やりたいこと」をやるところ。
というわけでインターンとは全然違う。サイボウズの業務の一部をやってもらうなんてありえない(本人がよほど強く希望でもしない限り)。そもそも NDA(秘密保持契約)すら結ばないし。
サイボウズ・ラボユースに応募するには
対象が学生なのはさすがにわかると思うのでおいとくと、上で書いたように「やりたいこと」がある人というのが必須要件。
「開発支援」なので、コンピュータの上で動く何かを作ることが核になっていること。
そして成果をサイボウズも利用できる形式(ライセンス等)でオープンにできること。
この2点が満たされていればOK。
サイボウズ・ラボユースで何が得られるか
サイボウズ・ラボに通うことができれば、奨励金がもらえる。
ぶっちゃけて言ってしまえば、アルバイトだ。といっても上で書いたように指示された仕事をするのではなく、自分のやりたい開発をやる。
遠方であるなどの事情でサイボウズ・ラボに通えない場合は、ラボユースのサブメンバーといって、オンラインで同様のサポートを受けたり、遠方の学会/カンファレンスなどへの参加費(交通費・宿泊費)の援助が受けられる。

あとは、サイボウズ・ラボの社員から直々に指導を得られるということで、自画自賛ですが、なかなかこんな制度をやっている会社は珍しいと思います。

■ サイボウズ・ラボユース 最終成果報告会

というわけで、3/26(月)秋葉原ダイビル5Fにて、1年やってみたサイボウズ・ラボユースの最終成果報告会を開催します!

 開催日時:2012年 3/26(月) 13:00~17:00
 開催場所:秋葉原ダイビル5階(カンファレンスフロア5A)
 参加費用:無料(懇親会も無料)
 申し込み:必要 http://atnd.org/events/26861 (ATND参加枠を追加)
【タイムテーブル】
 13:00 開場(受付)
 13:10 サイボウズ・ラボユースの紹介
     司会:竹迫良範(サイボウズ・ラボ)
 13:15 サイボウズ・ラボユース第1期生5名による成果発表
  1. 桐井祐樹「Ruby・Raccを使用した言語処理系の日本語プログラミング化」
  2. 新屋良磨「世界最速の正規表現JITエンジンの実装」@sinya8282
  3. 林 拓人「型システムの拡張と型推論」
  4. 鈴木勇介「世界で一番仕様に忠実なJavaScript処理系の作成」
  5. 粟本真一「現役高校生の考えるクラウドOSの設計と実装」
 15:30 ライトニングトーク大会
  1.「ラボユースを振り返って ~指導者の立場から~」光成滋生(サイボウズ・ラボ)
  2.「拡張ライブラリ作成による高速化」itochan
  3.「Python による自然言語処理(仮)」torotoki
  4.「定理証明器 Agda2 による型無しλ計算の合流性の証明」pi8027
  5.「エンジニアが儲けられるコードリーディングプラットフォーム『CodeLibrary』」はむへい
  6.「ハニーポット上でパケットをダンプ&解析」ぷおりん
  7.「やってよかったOS作り」川合秀実(サイボウズ・ラボ)
 16:10 サイボウズ・ラボユース第2期生の募集について
     説明&質疑応答
 16:30 卒業式
     主 催:サイボウズ株式会社 感動課
     表 彰:青野慶久(サイボウズ株式会社 代表取締役社長)
     総 評:畑慎也(サイボウズ・ラボ株式会社 代表取締役社長)
 16:50 撤 収
 17:00 懇親会(別の会場に移動して開催、30名程度)
     参加費:無料
     乾 杯:山田理(サイボウズ株式会社 取締役副社長)
 19:30 解 散

いろいろマニアックな話からライトな話まで、プログラミングの最先端の開発の話が聞けると思います。

一つ、鈴木(id:Constellation)さんの「世界で一番仕様に忠実なJavaScript処理系の作成」は、相当マニアックな展開になることが予想されます。
RegisterVMとStackVMはどちらが速いのか、v8やSpiderMonkeyの実装がどこが駄目なのか、言語処理系の高速化のテクニック等盛りだくさんです。
発表時間がオーバーしないかどうか主催者側としては少し心配しています…。

若干名ながらATND枠も新設しましたので、ぜひお気軽にお越しください。

エンジニアの未来サミット for students 2011開催中

10/29(土)技術評論社×サイボウズ共催、日本マイクロソフト協賛による「エンジニアの未来サミット for students 2011」の第1回目が開催されました。

エンジニアの未来サミット for students 2011

早速ですが、以下で第1回のレポートと録画が公開されています。

  1. 技術評論社レポート:今後のIT業界はどうなる?どう乗り切る? 「第1回 エンジニアの未来サミット for students 2011」
  2. Ustream.tv録画:エンジニアの未来サミット for students 2011 ゲスト:まつもとゆきひろ氏(Ruby開発者)「10年後のプログラミング言語」
【イベント概要】
名   称: エンジニアの未来サミット for students 2011
時   間: 第1回 10月29日(土)13時~16時
       第2回 11月19日(土)13時~16時
       第3回 12月10日(土)13時~16時
会   場: サイボウズ 東京本社
参加費用 : 無料
募集対象 : 各回将来エンジニアを志望する学生100名
主   催: 株式会社技術評論社、サイボウズ株式会社
協   賛: 日本マイクロソフト株式会社
内   容: 特別講演及びパネルディスカッション

世界を変えた技術者たちからIT業界を担う皆さんへ

今年は東日本大震災や巨大台風など大きな災害が相次ぎ、世界経済も混乱するな
ど、社会は激動の時代を迎えています。災害時においても迅速な情報交換を促進
し復興をサポートするITサービスが次々と立ちあがったように、ソフトウェアエ
ンジニアは未来を変える大きな力を秘めています。未来のIT業界を担うエンジニ
ア志望の学生にとっては、実際にエンジニアとして働くということはどういうこ
とか、学生時代に身につけておくべきスキルは何か、これから日本の会社はどう
なっていくのか等、経験者の方から学びたいことが様々あるのではないでしょう
か。本イベントはIT業界に影響をもたらした先達と共に学生の皆さんがエンジニ
アの未来について考えるきっかけを提供します。

■第1回 10月29日(土)
特別ゲスト:まつもと ゆきひろ (「Ruby」開発者)
テーマ:「10年後のプログラミング言語」
・ 学生時代に勉強しておいた方がいいプログラミング言語について
・ 10年後に流行るかもしれない新しいプログラミング言語の未来
・ 10年経っても現場で残っているプログラミング言語とは?
■第2回 11月19日(土)
特別ゲスト:小飼 弾 (アルファブロガー)
テーマ:「エンジニアと会社の新しい関係」
・ 日本発のITサービスで世界に挑戦する人たちへのエール
・ エンジニアによる起業と会社経営はうまくいくのか
・ Perlとオープンソースコミュニティについて
■第3回 12月10日(土)
特別ゲスト:國中 均 (JAXA 宇宙科学研究所 宇宙輸送工学研究系 教授)
テーマ:「はやぶさ探査機搭載イオンエンジンが切り拓いた未来」
・ 「こんなこともあろうかと」が実現した瞬間とは?
・ 宇宙開発と10年以上の未来を見据えた技術者の魂について
・ はやぶさプロジェクトでソフトウェアが役立った重要性

國中均教授は、10月1日に公開された映画『はやぶさ/HAYABUSA』にてホリプロの
鶴見辰吾が扮する喜多修のモデルとなったイオンエンジン開発担当責任者です。
はやぶさは2003年にJAXA宇宙科学研究所が打ち上げた小惑星探査機で、数々の困
難に見舞われながらも小惑星イトカワへの着陸と試料採取を成功させ、7年後に
回収カプセルを無事地球に持って帰るという世界初の偉業を成し遂げました。
困難と思われたプロジェクトの成功の裏には、こんなこともあろうかと二重三重
の事前対策を施しておいたハードウェアの技術と運用中に制御プログラムを柔軟
に変更できたソフトウェアの力が必要不可欠でした。特別講演では映画では描写
されなかった数々の出来事と技術的な裏話を交えながら、エンジニアが作り出す
明るい未来についてパネルディスカッションする予定です。

参加者募集中

10月に続いて11月、12月と続いて開催されますので、興味のある方はぜひお申し込みください。
学生さんが対象となっていますが、社会人招待枠もあるそうなので、詳細は確認してみください。

第2回 エンジニアの未来サミット for students パネルディスカッション

先週末11/13(土)、技術評論社×サイボウズ共催「エンジニアの未来サミット for students」第2回で、前回に引き続きパネルディスカッションの司会進行役を担当してきました。

第2回 エンジニアの未来サミット for students

テーマは「小飼弾&岡嶋大介のいまキミに伝えたいこと」

  • 日本にこのままいても大丈夫か?国際競争力のある会社や業界は?
  • 会社に飼われるのではなく、自ら道を切り拓いていくには?
  • プログラミングの楽しみ方やプログラマーとしての働き方とは?
  • ゲストが今学生に伝えたいこととは?
第2回「エンジニアの未来サミット for students」小飼弾×岡嶋大介
P1050149.JPG
P1050151.JPG
Q&A 質疑応答

将来ITエンジニアを志望している学生さんが抱えている漠然とした不安や疑問について、ゲストの小飼弾さんと岡嶋大介さんが応えるという企画でした。

USTREAM中継

USTREAM #cybozusummit

当日のパネルディスカッションの模様はUSTREAMでもリアルタイム中継され、録画アーカイブも見ることができます。

  1. 101113小飼弾&岡嶋大介のいまキミに伝えたいこと1 前半 (18:00~開始:パネラー自己紹介)
  2. 101113小飼弾&岡嶋大介のいまキミに伝えたいこと2 後半 (10:00~開始:就職と結婚の選択)

パネルディスカッション

パネラーの自己紹介から、日本企業の中国進出、ITエンジニアのキャリア設計、業界動向、後半では恋愛相談が出てくるなど、参加者から活発な質問が飛び交い、大変盛り上がったパネルディスカッションとなりました。

第2回「エンジニアの未来サミット for students」小飼弾×岡嶋大介

会場で、どんな質問や回答が出たのかは、TwitterでもつぶやかれていたのでTogetterで発言をまとめてみました。

懇親会

懇親会
懇親会

その後の懇親会では、パネラーの方を囲む形で時間内に聞けなかった疑問や質問を直接ぶつけ、各テーブルは終始賑やかでした。

集合写真

集合写真

最後に残っていた人が集まって集合写真をパチリ。

参考書籍

今回、このお仕事を引き受けるにあたって数十冊ほどキャリア設計に関する本を読みましたが、
ほとんどが現状の社会制度の変革や若者の意識変化をとらえきれておらず、
これから就職を考えている学生さんにお勧めできる本は以下の2冊ぐらいでした。

35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書 就・転職の絶対原則を知る (ちくま新書) 渡邉 正裕 (著)
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書) 城 繁幸 (著)

就職して30代の人が年を取れば取る程会社での居場所は狭くなるの? – GoTheDistanceと考えるのはごく健全で、
会社任せのキャリア設計、昭和時代のキャリア論が破たんしてきている一つの予兆かもしれません。
その中で、時代の波に乗っていた40代の人の成功体験を鵜呑みにするのは非常に危険で、50代の人のアドバイスはむしろ害、
今の20代の学生さんは昭和的価値観によって成立していたレールやロールモデルが存在しない世代だと思います。

その中で、どうやって主体的にキャリア選択をしていくかが鍵になるのですが、
次回、第3回はRubyのパパ「まつもとゆきひろ」さんをお招きし、国際化時代のプログラマーとしての生き方について聞いてみようと思います。技術評論社 馮さんがモデレータということで私も楽しみにしています!

第1回 エンジニアの未来サミット for students 開催終了

先週末の10/23(土)、技術評論社×サイボウズ共催の「エンジニアの未来サミット for students」の第1回目のセミナーが開催されました。

エンジニアの未来サミット for students

2008年
2009年と過去2回に開催された「エンジニアの未来サミット」のスピンオフ的な位置付けで、より若手向け、というか学生にフォーカスした新卒対象の企画になります。
昨年のイベントの感想で「「エンジニアの未来サミットがこの形で続くならもう次は行かなくていいかなーと思った」などと厳しいご意見もいただいたりしましたので、
今回は限られた時間の中で聞きたいこと、言いたいこと、伝えたいメッセージをより明確にするために、
聴衆対象と登壇人数を絞り、10月、11月、12月と3回に分けて開催することにしました。

IT泥10年の発言に代表されるように「受託中心の日本のSI業界の先が明るくない」ということは、このようなイベントに来るITエンジニア志望の学生さんにとっては誰に言われるまでもなくわかりきっていることなので、
高度経済成長を終えた日本の今の時代に適したキャリア形成の指針について、人生の選択を突然迫られた学生さんに向けてメッセージを送る、ということに明確にターゲットを絞りました。

第1部:”首藤一幸のこれが私の生きる道 – We do best the things we enjoy”

まずはセキュリティ&プログラミングキャンプ2010で特別講演をいただいた首藤先生に、
ご自身のキャリアの選択の中で考えたこと・悩んだこと・選択したことを中心にご講演いただきました。

技術フェチ日記 (2010年10月23日)

当日のTwitterのつぶやきはハッシュタグ #cybozusummit でまとめられています。

Togetter – 技術評論社×サイボウズ共催「エンジニアの未来サミット for students」第一回 2010年10月23日
http://togetter.com/li/62188

これからはクラウドの普及により初期投資ゼロで新サービスを始められる、個人ネットワーク社会が来る、それにともない「reputation capital」という概念が重要になる、
という示唆に富む貴重なお話しをいただきました。

2009~IPA未踏ユースPM(首藤一幸)
個人ネットワーク社会へ(首藤一幸)

今後、年功序列システムが崩壊し、経済も低成長期を迎える日本では、お金や富を求めるという価値観は達成しにくくなるので、
自分が楽しめる好きな仕事を続けられるという価値観を主軸に置いた方が幸せになれるのではないか、というメッセージがあり、私も共感しました。

後半:パネルディスカッション

第2部パネルディスカッション 開始
Q&A 質疑応答

後半は竹迫MC(司会進行)のもと、首藤先生をパネラーの主役として、サイボウズ社長の青野、サイボウズスタートアップ社長の山本も登壇し、
パネルディスカッションを行いました。私の用意した資料は以下の通りです。

第1回 エンジニアの未来サミット for students

20才の段階で最適な就職先を決めるといった現在の就活は元々無理難題なのではないか、という私の疑問から、
パネラーの皆さまからの経験談を交えつつ、様々な切り口での指針の提案ができたのではないかと思います。

(30才までに)動機と能力が交わる部分で仕事を見つける
学生さんからの質疑

良い質問をしてくれた学生さんには技術評論社の雑誌「Software Design」「WEB+DB PRESS」の最新号をプレゼント!という特典があったのですが、
こちらの想定以上に人気があり、予定数をオーバーしてしまいました。もしもまだ質問したけど雑誌を受け取っていないという方がいらっしゃいましたら後ほど郵送しますのでイベント事務局までご連絡ください。

Ustream中継&録画

Ustream 録画 – 「エンジニアの未来サミット for students」第一回「首藤一幸のこれが私の生きる道」
http://www.ustream.tv/recorded/10363914 (※注:20:00より第1部開始)

Ustream.TVでの録画が上記URLで公開されていますので、もしも興味のある方は1時間程度ですので視聴して感想をお寄せいただけると嬉しいです。

次回予告

第1回の10月は首藤先生にお一人にご講演いただきましたが、
第2回の11月は(アルファブロガーとして有名な)小飼弾さんと(プログラマーの採用試験で一躍有名になった)岡嶋さんが
竹迫司会の元、日本のIT業界の未来について語り合います。
第3回の12月はmatzさんのご講演の後、技術評論社の馮さんのモデレータにより言語ヲタク学生の水島君・林君がパネルディスカッションを繰り広げる予定です。

首藤 一幸(東京工業大学 准教授)
小飼 弾(アルファブロガー)
岡嶋 大介(株式会社ラガルト・テクノロジー)
まつもとゆきひろ(「Ruby」開発者)
特別モデレータ 馮 富久(株式会社技術評論社)
竹迫 良範(サイボウズ・ラボ)

また若干数座席に余裕があるみたいですので、興味のある方はぜひ第2回、第3回のセミナーも申し込んでみてください。
学生じゃない方の参加もTwitter経由で申し込めるようになりましたので、社会人の方もお気軽にお越しいただければと思います。

Cybozu Developers Conference 2010 無事終了

先週の金曜日は、サイボウズ技術発表会2010秋「Cybozu Develepers Conference 2010」が開催され、
サイボウズ本社、サイボウズ総研、サイボウズ・ラボ、松山、上海、ベトナムの開発エンジニアが
一同に集まり、普段の研究開発の発表を行いました。

第1部 パネル展示

Cybozu Developers Conference 2010
サイボウズ技術発表会

お昼過ぎからパネル設営の準備をはじめ、各所で普段行なっている研究開発成果のお披露目会という位置付けです。
開発部以外の営業の方にもお越しいただき、大変盛り上がったパネル展示となりました。

CTO賞:49カ国語言語判定ライブラリ

49カ国語言語判定ライブラリ
Windows Mobile テストの自動化

まだ未公表のプロダクト・サービスの研究開発紹介もあったりしましたので、全部が公開できるものではありませんでしたが、
CTO賞として中谷さんの「49カ国語言語判定ライブラリ」が表彰されました。
このライブラリは既にオープンソースとして公開されています。

FYI: 自然言語処理勉強会で「ナイーブベイズによる言語判定」を発表してきました – Mi manca qualche giovedi`?

第2部 特別ゲスト:和田さん、角谷さん

和田さん「TDDのこころ」
角谷さん「30分でだいたいわかるアジャイル開発」

第2部の夜のセッションでは、特別ゲストとして和田さんと角谷さんにお越しいただき、最近のTDD、アジャイル開発の現状について貴重なお話しをいただきました。
Ustreamの中継は今回行わないということで、普段はオープンにならないような貴重な体験談や情報などを教えていただき、
当日は上海やベトナムからもエンジニアが来ていましたので、会場では中国語・ベトナム語の同時通訳付きという豪華セミナーでした。

和田さんにデブサミの打ち合わせの日にサイボウズの社内勉強会でご講演いただる人を紹介してもらえないかと突然無茶なお願いをしたのですが、
快く引き受けてくださって本当に感謝感激でした。角谷さん、和田さん、どうもありがとうございました!

今回のセミナー講演には、社長、副社長も駆け付け、
「テストは目的ではなく手段」「テストは健康のために行う」「カバレッジの数値を気にしすぎるのも問題。テストが仕様を満たしているかどうかがもっと大事」とか
「非ウォーターフォールがアジャイル開発」「Scrumはマネージャ層には受けがいいけど…」など本音も交えた様々なキーワードが印象に残りました。

サイボウズ開発陣+トークセッション

トークバトルの勇者たち! #cdc2010
パネルディスカッション聴衆

そして、最後はサイボウズ開発陣を交えながらの本音トークセッション。
現場でアジャイル開発を定着するにはどうすればよいか現実的な議論が行われました。
会場でのつぶやきは西尾さんがTogetterでまとめてくださいました。

FYI: Togetter – 「Cybozu Developer Conference 2010 まとめ」

現状では未発表の開発途中の製品情報などもあったりするので、
聴講可能なのがサイボウズグループ社員に限定されてしまいますが(それでも聞きたいという方はぜひサイボウズグループの社員に!)、
オープンにできるところは徐々に情報を公開しつつ、今後も継続的にこのような活動を続けていければと思います。

ポスドク向けIT業界セミナーを開催します

事業会社で働くことを考えている情報系のドクターコースの学生、研究者に向け、株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社プリファードインフラストラクチャー、サイボウズ株式会社がIT業界で働くという事に焦点をあてたセミナーを開催します。

■ポスドク向けIT業界セミナー(共催:DeNA×PFI×Cybozu)

日時:12月20日(日) ※盛況のうちに終了いたしました。ありがとうございます。
場所:サイボウズ株式会社 本社

《第一部》

17:00~
  「事業会社で働くということ」
    山本 泰宇(サイボウズ株式会社)

17:30~
 「研究者と開発者/リサーチャーの生態」
    岡野原 大輔(株式会社プリファードインフラストラクチャー)

18:20~
    DeNA様 エンジニアによる講演

《第二部》※ 第二部は自由参加です

19:00~ 座談会

当日発表するエンジニア以外にも、現役で活躍するポスドク出身のエンジニアが参加します。少人数に分かれて、将来のこと、就活のこと、技術のこと、何でもご相談ください!

Cybozu2010postdocter

サイボウズ株式会社では、2008年6月よりポスドク採用枠を新設し、比較的有利な条件でソフトウェア開発エンジニアの募集を行なっております。

【募集要項】ソフトウェア開発エンジニア(博士後期課程出身者)
2010年4月からの入社を希望される方が対象と記載されていますが、ポスドクの方であれば、特に入社月日にはこだわりません。

アカデミア業界における研究の世界とは違う部分もありますが、実際に世の中やユーザに使われる役に立つ基盤ソフトウェア製品の開発に携わることができ、大きなやりがいを感じられることができるのが大きな特徴です。

もしも近くに興味のありそうな人がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけますと有難いです。

就活生向けIT業界セミナーで講演します

最近リクルートスーツに身を固めた学生さんと電車ですれ違うことが多くなった今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

サイボウズでは今年も就活生向けの「IT業界セミナー」を開催するのですが、ひとくくりにIT業界と言うのではなく、いろんな会社があって、その中でも社員によっていろんなワークスタイルがあり、広く業界のことを知ってもらおうということで、DeNAさん、はてなさん、P&Aラボさんの3社さんと共催して、全国数ヶ所(東京×2回、大阪×1回、松山×1回)でセミナーを開くことになりました。

■東京会場(共催:DeNA×サイボウズ、2回開催)

 日時:11月29日(日) 盛況のうちに終了いたしました
 場所:DeNA本社

 日時:12月20日(日) 盛況のうちに終了いたしました 
 場所:サイボウズ本社

 13:00 IT エンジニアの可能性 ~ サービスやビジネスを自ら生み出す力
    能登 信晴(DeNA)
 13:40 ITエンジニアと株式会社の付き合い方(恋愛編)
    竹迫 良範(サイボウズ・ラボ)
 14:30 IT業界のヒ・ミ・ツ
    田縁 英治 or 佐藤 学(サイボウズ)
 15:00 座談会

Cybozu2011tokyo


■松山会場(後援:四国情報セキュリティ勉強会連絡会)

 日時:11月22日(日) 盛況のうちに終了いたしました
 場所:ニューグランドビル松山

 14:30 エンジニアから客員企業家へ
    尾藤 正人(P&Aラボ)
 15:10 ITエンジニアと株式会社の付き合い方(恋愛編)
    竹迫 良範(サイボウズ・ラボ)
 16:00 IT業界のヒ・ミ・ツ
    門屋 亮 (サイボウズ松山オフィス)
 16:30 四国の情報セキュリティ勉強会について
    まっちゃだいふく(IT勉強会カレンダー)
 16:40 座談会

Cybozu2011matsuyama

■大阪会場(共催:株式会社はてな×サイボウズ)

 日時:12月5日(土)
 盛況のうちに終了いたしました
 場所:大阪ドーンセンター

 14:30 ボクがはてなを選んだ理由~グローバルなサービスを求めて~
    栗栖 義臣(はてな)
 15:10 ITエンジニアと株式会社の付き合い方(恋愛編)
    竹迫 良範(サイボウズ・ラボ)
 16:00 IT業界のヒ・ミ・ツ
    佐藤 学(サイボウズ)
 16:30 座談会

Cybozu2011hatena

IT業界の最先端で活躍しているエンジニアは何を考えどう生きているのか!?
IT業界でエンジニアとして働きたいと思っている人には是非参加してほしいセミナーです。

昨年までは、サイボウズ・ラボの畑、奥、蓑輪、天野が、各地で講演しましたが、今年はサイボウズ・ラボの竹迫が全国を飛び回ります。今回の講演のためにニンテンドーDSで新しいソフトを買って修行して参りたいと思います。

たぶん初めての就職活動ですと、いつから何をし始めればよいのかよくわからないと思います。言われるがままに自己分析をしてみたり、将来のライフスタイルを設計してみたり、企業分析をしてエントリーシートをひたすら書いて応募してみたりと、あわただしく動き始めていると思います。

とりあえず、ここではそんな堅苦しいことは一切なしに、気軽に参加していただければと思います。

参加無料、スーツ禁止です!

※ 万が一リクルートスーツでご来場いただいた場合は入場をお断りする場合がございます。

座談会は希望者のみの自由参加ですが、(会社からは怒られるかもしれませんが)本音でみなさんと楽しくお話しできればと思います。

よろしくお願いします!

サイボウズ創業10周年記念お客様感謝デー

10/25(水)はサイボウズ創業10周年記念お客様感謝デーに行ってまいりました。

ボウズマンとのツーショット写真

ミーハーなので、ボウズマンとのツーショット写真を撮っていただきました。

畑さんと奥さんによるサイボウズ・ラボの技術セミナー発表、
展示ブースでの製品紹介などがありました。

当日のイベントにお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。